logo

イケア・ジャパン、「未来を照らせ、LED!」の特設サイト(https://ikea.crh.cc/)を期間限定でオープン

イケア・ジャパン株式会社 2015年11月24日 15時00分
From PR TIMES

LEDのメリットを歌とダンスでアピールし、気候変動について親子で楽しく学べる情報を提供

スウェーデン発世界最大級のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:ピーター・リスト )は、イケアグループのサステナビリティ方針「People & Planet Positive (ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ)」の一環として制作した動画、「未来を照らせ、LED!」を詳しく解説する特設サイト(リンク)を開設しました。



[画像: リンク ]

この動画は、難しいと思われがちな気候変動(地球温暖化問題)や難民の問題について、親子で簡単に理解を深められるよう、歌とダンスで表現しています。踊りの振付は、ラッキィ池田さんです。今回期間限定で開設した特設サイトでは、この踊りの振り付けと歌詞が詳しく紹介されています。

LEDは消費電力を85%も削減する上、20倍以上長持ちすることから、エネルギーとCO2排出の削減に大きく寄与します。つまり、家の照明をLEDに替えるだけで地球温暖化防止に貢献できるのです。イケアは、私たち一人ひとりが日々取り組める容易な策としてLEDへの切り替えを推奨しています。この動画は、親子で気候変動について一緒に考えてもらうためにつくられました。

また昨今取り上げられている難民問題についても、イケアが行っている支援をこの動画で紹介しています。イケアは「難民キャンプに明かりを届けよう」キャンペーンを通して、これまで1850万ユーロの寄付を行い、難民キャンプにおける、ソーラーランタンや太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用した照明設備の導入を支援してきました。最近では、難民の増加は政治的内紛によるだけではなく、地球温暖化による異常気象や資源の枯渇も影響しているとも言われています。12月には、パリにて気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)の開催も予定されています。この機会に、皆さんも一緒に日々地球温暖化問題や難民問題に対して何ができるか、またLEDのエネルギー効果について考えてみませんか?

「未来を照らせ、LED!」特設サイトURL: リンク
公開期間 : 2015年11月24日(火)~12月13日(日)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。