logo

アエロフロートがビジネスクラスのサービスをアップグレード

アエロフロート航空 2015年11月24日 13時17分
From 共同通信PRワイヤー

アエロフロートがビジネスクラスのサービスをアップグレード

AsiaNet 62638 (1528)

【モスクワ2015年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】アエロフロート(Aeroflot)は2015-16年冬期運航スケジュールで、ビジネスクラスの乗客サービスの多くをアップグレードする。

(Logo: リンク
(Photo: リンク

6時間を超える便の乗客にはSalvatore Ferragamoブランドのアメニティーキットがサービスされ、8時間以上の便の化粧室にはコーダリーの備品が備えられる。

また、機内の高級エンターテインメント・デバイスとして、個人用デジタルプレーヤーのdigEplayer L7に代えて、サムスンのGalaxy Tab S 8.4タブレットが配備される。このサービスは、多くの路線で運航されているA320系航空機に搭乗するビジネスクラスの乗客に提供される。

アエロフロートは一貫して快適性、サービス向上、イノベーションに配慮しているため、欧州の大手プレミアム航空会社として確固たる地位を築いてきた。近年、ロシアを代表する航空会社、アエロフロートのプレミアムサービスは信頼できる多くのサービスランキングで認知されている。

▽アエロフロート航空について
アエロフロート航空はロシアを代表する航空会社で、欧州最大級の航空会社グループ。2014年の旅客数はロシア最多の2360万人(子会社を含めたアエロフロート・グループ全体では3470万人)を記録した。グローバルなスカイチーム(SkyTeam)加盟航空会社の誇るべきメンバーとして、アエロフロートとその提携航空会社は世界179カ国・地域の1057都市にフライトを就航させている。保有旅客機はエアバス、ボーイング、スホーイ製の計166機で、世界の大手航空会社の中でも最も機体年齢が若い旅客機群を運航する。同社は航空安全性でグローバルリーダーであり、世界的に認められた安全評価基準の外国航空機安全性評価査定(SAFA)で世界の主要航空会社と肩を並べている。ロシアではどの航空会社よりも先に、国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全プログラム(IOSA)の認証を受け、2015年には6回目の更新を受けた。また、IATAが定めた地上サービス安全監査プログラム(ISAGO)に無事に認証されるとともに、ISO9001:2008、ISO14001:2004に完全準拠する。2015年にはSKYTRAX(スカイトラックス)から東欧のベスト・エアラインとして4度目の賞を授与された。詳しくはウェブサイトリンク を参照。

ソース:Aeroflot

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事