logo

日本最大級のWeb開発コンテスト『Mashup Awards 11』審査結果を発表!-総応募作品数 431作品から、最優秀賞は『参式電子弓』に決定!IoTからオープンデータまで多様な作品が大集結-


 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄 以下、リクルート)の事業育成機関である「MediaTechnology Lab.」は、API等を活用した新しいアプリケーションサービスを、技術・デザイン・アイデアの側面から審査・評価するオープンイノベーション型のコンテスト『Mashup Awards 11』の審査結果を、11月18日(水)の表彰式において下記のとおり発表いたしました。

▼『Mashup Awards 11』
リンク

――――――――――――――――――――
■応募作品数は431作品!
――――――――――――――――――――
第11回目の開催となる今回は431もの応募作品が集まり、決勝の場となった「Mashup Battle Final Stage」において、7名の審査員の審査により『参式電子弓』が最優秀賞に選ばれました。なお、最優秀賞の受賞者には200万円が贈呈されます。最優秀賞、優秀賞の受賞作品は下記のとおりです。

・最優秀賞:『参式電子弓』
 リンク
・優秀賞:『ビビビコントローラー』
 リンク
・優秀賞:『CliMix [クライミックス]』
リンク
・優秀賞:『Spectee』
リンク
・優秀賞:『PINCH by tsukuba@deep』
リンク

※部門賞など、他の受賞作品は「MA11」公式Webページ( リンク)にて
後日公開を予定しております。

――――――――――――――――――――
■ハードウェア作品が初めて最優秀賞に
――――――――――――――――――――
11回目の開催にして初めて、ソフトウェア以外の作品『参式電子弓』が最優秀賞を獲得!
IoT関連作品やハードウェア作品は年々増加しており、今大会でFinalSTAGE(決勝)進出をした12作品のうち、7作品がいわゆるハードウェアを伴う作品となりました。

『Mashup Awards』において「Mashup」というキーワードは、単なるWeb APIの実装によるサービス開発に留まらず、語源である「複数の音源を掛け合わせる」にちなみ、「複数の◯◯を掛け合わせる」という解釈を強く持つようになってきたといえます。『Mashup Awards』を媒介にして、「人」と「人」が出会い新しいチームが生まれる、「アイデア」と「アイデア」が出会い新しいサービスが生まれる、「ソフトウェア」と「ハードウェア」が出会い新しい作品が生まれています。
最優秀賞を初のハードウェア作品が獲得したことがこの変化の象徴であり、初開催からの10年と次の10年へ向かう変化を感じさせる11回目の大会となりました。

――――――――――――――――――――
■『Mashup Awards 11』 3つの特徴
――――――――――――――――――――
1、7自治体が『Mashup Awards』に参加、「CIVICTECH(シビックテック)」を重点テーマに
自治体などが提供するオープンデータも、エンジニアにとって重要なものになりつつあります。
『Mashup Awards』ではこれらのオープンイノベーションを発展させていく取組として、CIVICTECH部門のパートナーVLED(一般社団法人オープン&ビックデータ活用地方創生推進機構)の協力のもと、オープンデータパートナー7自治体に参加を頂くこととなりました。

室蘭市、水戸市、栃木県、和歌山県、静岡市、金沢市、神戸市

リンク

2、10地域で計22回のハッカソンを開催。計約500名を動員!
『Mashup Awards 11』のハッカソンでは開催地それぞれにおいて2日以上の期間を設け、「チームビルディング」「チームごとのアイデアブラッシュアップ」「開発・成果発表」の3つのプログラムを実施しました。各地のハッカソンイベントの累計の参加申込者は計500名と盛況に終わりました。
開催地域:関東/関西/東海/四国/信州/北陸/沖縄/北海道
▼『Mashup Awards』の運営イベントはこちら
リンク

3、インタラクティブ・デザイン部門を新設、80作品の応募
デザイン性や表現手法をより重視する部門として新設をした「インタラクティブ・デザイン部門」(運営協力:TMCN リンク)は、80作品もの応募をいただき、『gの天秤(リンク)』 が部門賞を獲得いたしました。
応募作品複数による日本最大級のクリエイティブの祭典「Tokyo Design Week」への出展や、関連ハッカソンを通し、デザイン・アートとテクノロジーの融合を感じることができました。
『Mashup Awards』はテクノロジー領域を中心としたオープンイノベーションの発展に寄与するべく、今後もさまざまな領域との融合を進めていきます。

――――――――――――――――――――
■協賛パートナー各社
――――――――――――――――――――
<ゴールドパートナー>
・株式会社リクルートホールディングス
・日本マイクロソフト株式会社
・株式会社トヨタIT開発センター
・アクセンチュア株式会社
・ソフトバンクロボティクス株式会社
・日本アイ・ビー・エム株式会社

<シルバーパートナー>
・楽天株式会社
・花王株式会社
・ヤフー株式会社
・株式会社ぐるなび
・株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
・株式会社構造計画研究所
・株式会社NTTドコモ
・アシアル株式会社
・サイボウズ株式会社
・ソニー株式会社
・99designs, Inc.

<インフラパートナー>
ニフティ株式会社
株式会社アプレッソ
Kii株式会社
さくらインターネット株式会社

▼Media Technology Lab.
リンク

▼リクルートグループについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問合せ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。