logo

札幌大学で学ぶ留学生が「留学生スキーインストラクター育成プロジェクト」に挑戦

札幌大学 2015年11月21日 08時05分
From Digital PR Platform


札幌大学で学ぶ留学生が、産官学の連携による留学生向け人材育成プロジェクト「留学生スキーインストラクター育成プロジェクト」に挑戦する。同プロジェクトは、語学と指導力を兼ね備えたスキーインストラクターの育成を目的として2013年度に創設された。同大では創設初年度から協力団体として参加し、毎年留学生が参加している。


 世界有数のスノーリゾートである北海道では近年、外国人スキー客が増加する一方、語学と指導力を兼ね備えたスキーインストラクターが不足している。
 これを受け、2013年度に北海道運輸局が中心となり、北海道スキー連盟や札幌大学など関係団体が「おもてなしスノーレンジャー」育成チームを結成。北海道でスキーの魅力に目覚めた留学生をスキーインストラクターとして育成するプロジェクトを創設した。

 参加留学生は、座学や実技講習を受け、3月に実施される「SAH認定スキー指導員」資格の検定会に挑戦し、資格取得後はスキー指導者として活躍することを目標として取り組む。

 同大からは、これまでに7名の留学生が「認定指導員」の資格を取得した。今年度は参加希望者多数のため、運輸局による選考の結果、同大から4名の留学生が参加することとなった。

●記事リンク(札幌大学HP内)
 リンク

【問い合わせ先】
 札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC)
 TEL: 011-852-9138

▼本件に関する問い合わせ先
 札幌大学経営企画室(広報)
 TEL: 011-852-9190
 FAX: 011-856-8290

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事