logo

『生きるための選択 少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った』 好評発売中!

辰巳出版株式会社 2015年11月26日 14時08分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月18日

辰巳出版株式会社

“自由” の意味すら知らなかった脱北少女が、今、世界を変えていく!
『生きるための選択 少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った』
11月20日(金)発売 !
リンク

 辰巳出版株式会社 リンク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:廣瀬和二)は、2007年に13歳で北朝鮮から脱北し、現在は韓国を拠点に人権活動家として活躍している、パク・ヨンミ(Yeonmi Park)氏の告白の書、『生きるための選択 少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った』 リンク(満園真木 訳 本体1,700円、税込定価1,836円)を2015年11月20日より、全国書店および弊社ホームページにて発売いたします。

 著者パク・ヨンミ氏は、13歳まで過ごした北朝鮮での地獄のような日々、祖国から母親とともに鴨緑江を渡って中国に入った夜を経て、韓国に着いて新しい人生を歩みだすまでの間に自らが体験した、これまで彼女の母親しか知らなかった壮絶な出来事を本書で語っています。

北朝鮮では、死体が放置される道を学校に通い、野草や昆虫を食べて空腹を満たし、
“親愛なる指導者” は心が読めて、悪いことを考えるだけで罰せられると信じて生きてきた。

鴨緑江を渡って脱北した中国では、人身売買業者によって囚われの身になり、
逃れてきた場所以上に野蛮で無秩序な世界を生きなければならなかった ――― 

 22歳になった彼女は今、自分たちがなぜ脱北しなければならなかったのか、そして中国に売られた北朝鮮人女性の身に何が起きているのかを人々に伝えることを決意し、世界に向けて声を上げ始めました。本書は、いかなる困難があろうとも、決して諦めず、自由を手にしようとした少女と、その家族の絆、そして生きるための「選択」そして「闘い」の物語です。

 世界15カ国で翻訳化。今、世界が最も注目する衝撃のノンフィクション、待望の邦訳がついに刊行です。
 
【11月25日更新】メディア出演情報
※11月26日(木)J-WAVE「JAM THE WORLD」生出演 20:55~21:30

*著者プロフィール*
パク・ヨンミ YEONMI PARK
1993年、北朝鮮・恵山生まれ。13歳で中国に渡り、15歳で韓国に入国した。2012年、ソウルの東国大学に入学。在籍中に自らの体験について英語でスピーチしたことをきっかけに人権啓発活動を開始し、現在は韓国・ソウルを拠点に世界を飛び回る日々を送っている。


【本書概要】
タイトル: 生きるための選択 少女は13歳のとき脱北することを決意して川を渡った
著者・訳者:パク・ヨンミ著/満園真木訳
発行元: 辰巳出版株式会社
価格: 税込定価1,836円(本体1,700円)
判型・ページ数:四六判 上製本 328ページ

■お問い合わせ先
辰巳出版株式会社
TEL:03-5360-8088(代表)
FAX:03-5360-8951(代表)
mail:buy@tg-net.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事