logo

~ネットユーザーに選ばれた世界初の新ドメインは、惑星別コードトップレベルドメイン(PlanetTLD)~事前受付1,000件以上、Googleも取得した「.earth」、一般登録受付を開始



 
[画像1: リンク ]



 新ドメイン(新gTLD)「.moe」、「.osaka」、「.earth」を運営する、インターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンク (東京都豊島区、代表取締役社長:横山正)は、「.earth」の一般登録受付を11月20日午前1時より開始致しました。

 2015年9月24日から11月5日に実施した「サンライズ(商標保有者優先登録)」期間では、“地球上で最もお客様を大事にする企業”であることを使命とするAmazon社が「amazon.earth」を取得。同ドメインは既に運用されており、「AWS&Sustainability」ページに誘導されています。Google社も同期間に「google.earth」を取得。こちらの運用はまだ開始されておりません。事前受付となる「事前一般登録」(※)では、世界中から1,000件以上のお申込がありました。

 インターリンク代表取締役の横山は、「「.earth」は、地球上の人々が、より良い社会と豊かな生活を目指した活動を行うプラットフォームを提供するためのドメインです。ドメイン登録者は、地球の親善大使として、地球を支える一員であってほしい」とコメントしています。「一般登録」は、先願制(早い者勝ち)です。プレミアムドメインも取得できます。地球の親善大使として活動するインターネットユーザーのための、「.earth」をご検討ください。

※11月5日午前11時から20日午前0時59分59秒まで実施。開店前のお店に並ぶことを特別に許可。開店後から申請する「一般登録」よりも有利な申請です。

【.earth 一般登録受付】※価格は税込み。
リンク
・詳細は上記サイトをご確認ください。
・参考価格2,700円(ゴンベエドメイン) 。レジストラによって、登録価格は異なります。

【一般登録受付サイト(レジストラ)】 ※一部抜粋
・ゴンベエドメイン リンク (日本語)
・101domain リンク
・Gandi.net リンク
・GoDaddy.com リンク
・Hexonet(1API) リンク
・Name.com リンク

【「.earth」について リンク
「.earth」は、インターリンクが2009年に開催したコンテスト「WDC(ワールドドメインカップ)」(リンク)にて、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本、中国、韓国など世界中から寄せられた約11,000件(ドメイン種別3,944種類)の応募の中から、最終選考委員会によって選ばれ、一般投票で新ドメイン化が決まりました。ネットユーザーが選んだ世界初の新ドメインです。

【参考 既に運用中の「.earth」】
ファウンダーズプログラム(※)を利用して、既に運用を開始したサイトをご紹介します(一部抜粋)。
※「ドメインのプロモーションとして活用事例を広く募集したい管理運営事業者(レジストリ)」と、販売前に“希望文字列を取得したい、いち早くそのドメインを使いたい”ユーザーを結びつけるプログラムです。

[画像2: リンク ]



リンク
「地球の歩き方公式HP」を運営する株式会社地球の歩き方T&Eは、世界初の「.earth」ユーザーとなりました。


[画像3: リンク ]



リンク
シリコンバレーにオフィスを構える「Yコンビネーター」が出資する非営利団体のCivicTechスタートアップ。


[画像4: リンク ]



リンク
空気中のCO2や環境に関わる統計をまとめて、わかりやすく解説するサイト。


<会社概要>
株式会社インターリンク リンク
日本のインターネット黎明期である1995年よりサービスを開始した、今年で20年目を迎えた老舗ISP。2000年よりドメイン名登録事業を開始、2006年10月、日本で8社目のICANN 公認レジストラに認定。2014年1月には、Googleの日本におけるレジストラパートナーとして、日本語初の新gTLD「.みんな」を販売中。4月11日より新gTLD「.moe」の運営を開始。2015年10月には取扱ドメイン数が日本最大となる1,000種類を突破(リンク)。オタク川柳大賞(リンク)や、社会貢献活動「グラジェネ向け無料 iPad 教室」(リンク)を主催。有限責任事業組合フェムト・スタートアップ(リンク)にて、ベンチャー企業の支援も積極的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事