logo

立正大学ラグビー部監督の堀越正己氏が埼玉ラグビーアンバサダーに就任 -- ラグビーワールドカップ2019 熊谷ラグビー場開催の広報に協力

立正大学 2015年11月20日 08時05分
From Digital PR Platform


立正大学(東京都品川区/学長 山崎和海)ラグビー部監督の堀越正己氏が埼玉県と熊谷市から、日本代表のホラニ龍コリニアシ選手、元日本代表のラトゥウィリアム 志南利氏とともに「埼玉ラグビーアンバサダー」を委嘱された。


 11月10日、埼玉県庁にて行われた委嘱式では、上田清司埼玉県知事より「埼玉ラグビーアンバサダー」委嘱状が交付され、その後、富岡清熊谷市長より名刺と記念品が贈呈された。

 「埼玉ラグビーアンバサダー」には、主にラグビーワールドカップ2019熊谷開催の周知を図ることのほかに、ラグビーファンの裾野の拡大などの役割も期待されている。

■堀越正己(ほりこし まさみ)
 1968年東京都生まれ。熊谷工高3年の時に全国大会準優勝。早稲田大学に進み、1年時からスクラムハーフとして活躍し、大学選手権と日本選手権で優勝。91年神戸製鋼に入社、V4~7に貢献、95・96年には主将も務めた。91・95年W杯出場。99年立正大学監督就任後、05年に1部初昇格。女子7人制ラグビーチーム「ARUKAS QUEEN KUMAGAYA(アルカスクイーン熊谷)」のゼネラルマネージャーに就任。
 11月7、8日に香港で開催された女子7人制ラグビー日本代表チーム「サクラセブンズ」に、立正大学、大学院で指導した4名(鈴木陽子(4年)、大黒田裕芽(3年)、桑井亜乃(大学院OG)、鈴木彩香(大学院OG・立正大学職員)を送り出している。

■立正大学(りっしょうだいがく)
・学長:山崎和海(やまざき かずみ)
・開校143年を迎えた8学部15学科、7研究科、9研究所からなる総合大学。
・品川キャンパス: 東京都品川区大崎4-2-16
 仏教学部/文学部/経済学部/経営学部/法学部(2014年度入学生より)/心理学部
 文学研究科/経済研究科/法学研究科/経営研究科/心理学研究科
・熊谷キャンパス:埼玉県熊谷市万吉1700
 法学部(2013年度入学生まで)/社会福祉学部/地球環境科学部
 社会福祉学研究科/地球環境科学研究科
・2014年4月、「大崎キャンパス」の名称を「品川キャンパス」へ変更。
・日蓮聖人の「立正安国論」をその校名の由来とする立正大学の建学の精神は、下記の三つである。
 一、真実を求め至誠を捧げよう
 一、正義を尊び邪悪を除こう
 一、和平を願い人類に尽そう

▼本件に関する問い合わせ先
 立正大学
 学長室広報課
 東京都品川区大崎4-2-16
 TEL: 03-3492-5250
 FAX: 03-3493-9068
 E-mail: contact@ris.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事