logo

悩めるドクター急増中! いま医療界で注目の“医師キャリア問題”本『医師・医学部のウラとオモテ』を発売

株式会社朝日新聞出版 2015年11月19日 17時00分
From PR TIMES

医師を目指す人、その親御さん、医師というエリートの実態を知りたい人、必読の一冊!

医学部人気の高騰が続く一方で急増している「悩める医師・医学生」たち。その実態と背景を紹介した書籍『医師・医学部のウラとオモテ ~「悩めるドクター」が急増する理由~』(朝日新聞出版)が、11月20日に発売されます。



[画像: リンク ]

「自分は医師に向いていないのでは……」
「医局を辞めたい、でもどうしたらいいか分からない」
医学部人気の高騰が続くなか、超難関の入試を突破し、エリート街道を走っているはずの医師や医学生たちがぶち当たる壁の数々。

なぜ彼ら彼女らは悩むのか? その背景にあるものは何か?
そして、どうやって悩みから抜け出したのか?
悩める医師・医学生の「駆け込み寺」として、これまでに500人以上の医学生・医師の転職やキャリア相談を受けてきた著者が、現代の医師のリアルをわかりやすく書き上げました。

医療ドラマでは見えてこない医師というエリートの実態を知ることができるのはもちろん、医師を目指す受験生、その保護者、進路指導の先生、これから医師になる医学生、研修医、若い医師、医師と共に働く医療関係者には「実用書」としても役立つ一冊です。

【書籍概要】
書名:『医師・医学部のウラとオモテ ~「悩めるドクター」が急増する理由~』
著者:中村正志
仕様:四六判並製/208ページ
定価:本体1,400円+税
ISBN:978-4-02-331458-0
発売日:2015年11月20日
発行元:朝日新聞出版
リンク

【本書の主な内容】
■第1章/なぜ先生たちは“悩む〞のか
激務でうつ病を発症する医師も
臨床研修制度が迷子医師を生んだ?
女性は「変則的」に働こうとする  ほか

■第2章/医学生・研修医は何につまずくか
ストレート進級も一苦労?
《医学生の悩み》国立大学5年生/私立大学6年生
3割がバーンアウトするという衝撃
《研修医の悩み》科目選択について/結婚・出産と今後の研修について  ほか

■第3章/勤務医はそんなに大変か
休む間もない勤務医の一日
週1日のバイトで年収400万円
医師狙いの一般女性にご注意を
《転職の悩み》退局を今すべきかどうか/バリバリ働きたくない  ほか

■第4章/開業すれば成功者か
若手医師に開業が身近になったわけ
開業に向かない医師の5タイプ
これからの時代、開業はアリか?
《開業の失敗》過剰投資/メディカルモールの落とし穴 ほか

【問い合わせ先】
朝日新聞出版 生活・文化編集部
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7082(編集)、03-5540-7793(販売)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。