logo

条件分岐とループ

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「条件分岐とループ」を公開しました。

###

みなさんこんにちは。
このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第12回目のテーマは『条件分岐とループ』です。

式の判定

条件分岐もループも、与えられた式が true か false かによって、処理の流れを変更するものです。

HRphp_12

上の図では「試験で60点以下だった」や「追試で60点以下だった」が式になっていますが、ただの数値や文字列のみでも式になり、必ず true か false のどちらかに振り分けられます。

HRphp_12_2

特に注意したいのは、数値の 0 は false ですが、文字の “0” は true だというところです。数値の1や0は「数量がある(true)」「数量がない(false)」という意味を持ちますが、文字は “1” でも “0” でも単なる「文字コードがある(true)」と解釈されるようですね。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事