logo

ソートリーダーシップとコンテンツ・マーケティングへの投資は3倍に

Euromoney Institutional Investor Thought Leadership 2015年11月19日 10時21分
From 共同通信PRワイヤー

ソートリーダーシップとコンテンツ・マーケティングへの投資は3倍に

AsiaNet 62595(1512)

【ロンドン2015年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】新しい調査は、B2B(企業間)マーケターにとってコンテンツ・マーケティング、とりわけソートリーダーシップが重要性を増しつつあることを示している。Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipのアンケートに基づく白書「コンテンツ・マーケティングとソートリーダーシップに関する最新の考え方をとらえる」は、コンテンツ市場投資が向こう2、3年で3倍になる可能性があることを示唆している。多くのB2Bマーケターが徐々にそれをマーケティングミックスの主要素に採用しているためである。

(Logo: リンク

このトレンドの背景には、対象オーディエンスがますます情報を消費し、購入を決定するチャンネルのシフトがあるとみられる。たとえば、B2B企業にとっても、ソーシャルメディアが主要なデリバリーチャンネルとされている。同様に重要な点は、ブランド認識を高めてオーディエンスの受け止め方を変え、言うまでもなく見込み客情報をもたらすうえで、ソートリーダーシップがB2Bマーケターに重要な要素と見なされていることである。

コンテンツ・マーケティングを通じたソートリーダーシップ採用の一方で、それを実現するためにマーケターが直面する多くの課題がある。アンケート回答者の多くは、先進的で魅力的なコンテンツが欠けているとして、ブランド差別化の困難性に言及している。いいコンテンツを持ちながら、狙ったオーディエンスとの接触に苦労しているとみられる回答者もいる。

Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipのガイ・ダン最高経営責任者(CEO)は「われわれの調査は、コンテンツ・マーケティングがB2Bマーケターの主要なツールであり、今後数年も重要性を高める一方であることを確認した。しかし、ソートリーダーシップ・アプローチを採用する組織が増えるにつれて、他社より抜きん出ることは次第に難しくなってくる。マーケターはもっと人の心を引きつけるコンテンツ、ハイレベルなオーディエンスへのアクセス拡大、成功を達成するためのより革新的なデリバリー方法を必要としている」とコメントした。

白書全文は以下からダウンロード可能。
リンク

▽「Capturing current thinking on content marketing and thought leadership」 について
「Capturing current thinking on content marketing and thought leadership(コンテンツ・マーケティングとソートリーダーシップに関する最新の考え方をとらえる)」は一部主要トレンドおよび世界の業界のB2Bマーケティング役員が第一に直面する課題の掘り下げた考察である。この白書はEuromoney Institutional Investor PLCの1部門であるEuromoney Institutional Investor Thought Leadershipがまとめ、企業の金融・非金融クライアントと取引先の国際調査結果から仕上げた。多くの業界、地域に及ぶ売上高2億5000万ドル未満から400億ドル以上の企業の主に上級マーケターから計207の回答が寄せられた。調査対象企業の大半は米州と欧州、残りはアジア太平洋、中東、アフリカに本社がある。

▽Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipについて
Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipは2015年、オーディエンスを引きつける高品質コンテンツに対するマーケターの要求拡大に応じて設立された。世界最高級の評判を得ている複合ビジネス情報ブランドのオーナーとして、世界で500万人を超える意思決定者へのアクセス提供が可能である。その「ソートリーダー・ネットワーク」はマーケターにオーディエンスの思考と共鳴、解明、刺激するコンテンツを生み出す専門編集手法を活用する方法を提供する。われわれはまた、マーケターの目的を達成する特定オーディエンスに効果的なコンテンツを発信することができる。

ソース:Euromoney Institutional Investor Thought Leadership

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。