logo

「Office 365 ProPlus 展開支援サービス」の提供開始

SBT 2015年11月18日 16時29分
From PR TIMES

Office 365 ProPlus の展開方法、運用、導入による影響などの不安を解決しサポート!

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2015年11月18日より、最新版の Office アプリケーションがユーザー単位で提供され、複数のデバイスで利用することができる Office 365 ProPlus の展開支援サービスの提供を開始しましたので、お知らせします。



[画像: リンク ]


情報システム部門・ユーザーの負担を大幅に削減する「Office 365 ProPlus 展開支援サービス」

Word や Excel などの Office は多くの企業で採用されており、PC、Mac、タブレット端末などさまざまなデバイス上で利用されています。昨今、脆弱性を狙った攻撃への対策や、コンプライアンス強化の一貫として、Office のバージョン標準化や更新プログラムの即時適用など、これまで以上に素早い対応と管理が必要となってきました。情報システム部門では、このような対応を実現するために運用負荷が高くなりがちですが、Office 365 ProPlus を利用することで、Office の最新版を自動的にインストールできるようになり、社内 Office の標準化やコントロールの負荷を低減できます。

Office 365 ProPlus 導入時は、情報システム部門が Office 標準化や運用ポリシーの検討、ユーザー向けインストールマニュアルの作成やインストール時のサポート対応が必要であり、ユーザーも、Office 365 ProPlus のインストールや設定作業が発生します。これまで、SBTでは、このようなニーズに対して、情報システム部門がファイルの置き場所を指示し、ユーザーがファイルを1クリックするだけで作業が完了する簡易プログラムを開発し、提供してきました。これにより、お客様の導入作業の負担を約90%軽減することができます。

今回、SBTでは、Office 365 ProPlus 導入支援のニーズが増加してきたことを受け、個別対応してきたノウハウをサービス化し、発売を開始しました。

Office 365 ProPlus 展開支援サービスの概要

Office 365 ProPlus の導入においては、旧バージョンの Office 利用を継続するのかどうかの選定や、Excel などで利用しているマクロ(簡易プログラム)が新バージョンの Excel で動作するのか事前にチェックする必要があるなど、お客様ごとに最適な導入方法が異なります。

それぞれのお客様に最適な方法で導入を支援するサービスメニューを用意し、スクリプトと呼ばれるイントールファイルを作成します。ユーザーへの展開方法は、スクリプトをメディアで提供する方法と、ファイルサーバーに設置する方法があります。ソフトウェアの最新の状態の維持やセキュリティポリシーの設定などを包括的に管理するSCCM(System Center Configuration Manager)を導入している企業では、SCCMによる展開も可能です。


▼ 本サービスの詳細はこちらをご参照ください。
リンク

■ サービスメニュー
【作業内容】

[表1: リンク ]


【納品物】

[表2: リンク ]


■ その他

[表3: リンク ]


※1 共存によって利用制限が生じる場合があります
※ 首都圏以外への訪問は、訪問先に合わせて別途出張費を申し受けます

■ オプションサービス マクロ解析 (互換性検証) ※2
[表4: リンク ]


※2 当オプションサービスは株式会社NSDビジネスイノベーションと提携して実施します

SBTは引き続き、付加価値の高いサービスの提供を通じて、クラウド化によるワークスタイル改革を推進し、お客様のビジネスの発展に貢献してまいります。


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。