logo

MEDIAEDGE株式会社とVITECが協業 VITEC製品の日本市場での取り扱いを開始

MEDIAEDGE株式会社 2015年11月18日 14時26分
From RELEASE PRESS



 MEDIAEDGE株式会社(メディアエッジ/本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:藤原 睦朗、以下「メディアエッジ」)とVITEC(本社:フランス シャティヨン)は、メディアエッジが提供するネットワーク映像配信のためのハードウェア・ソリューションとしてVITECが開発した製品の日本での販売に関し、協業することで合意いたしましたので、お知らせいたします。

 メディアエッジは、2000年より発売を開始したIPネットワーク映像配信システム「MEDIAEDGE」シリーズの開発、販売を行う事業部門が2012年に独立し、設立されました。今回のVITECとの協業によって、製品のポートフォリオが増加し、より自由度の高い映像配信に関する様々なシステム開発のご要望に対応させていただくことができるものと考えております。

 VITECは、1988年以来、放送局、政府、軍事、スポート&エンターテイメント、教育、医療、通信事業者、企業及び交通機関などで使用される信頼性の高いIP映像配信、記録、変換、アーカイブ及びストリーミングのためのハードウェア及びソフトウェアを提供するデジタルビデオ製品の世界的なプロバイダーです。

 Mark D’Addio 氏(VITEC VP of Business Development)は、 今回の協業について、“メディアエッジには、日本の市場において新しい技術やソリューションを切り開くことができ、パフォーマンス、品質および信頼性に優れた揺るぎない実績がある会社で、VITECとよく似た性質を持つ会社だと思っています。我々は長期的に実りの多い関係を構築できることを楽しみにしています。” とコメントをしています。

 取り扱いを開始する製品の種類、価格などの具体的な内容につきましては、改めましてご案内申し上げます。
以上


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事