logo

台湾の高雄経済開発局がCSA Groupの石油・ガス・パイプラインの安全性ガイドライン採用

Canadian Standards Association 2015年11月17日 13時19分
From 共同通信PRワイヤー

台湾の高雄経済開発局がCSA Groupの石油・ガス・パイプラインの安全性ガイドライン採用

AsiaNet 62579(1498)

【高雄(台湾)2015年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】規格開発、試験、認証サービスで世界をリードするプロバイダーのCSA Groupは17日、台湾の高雄経済開発局が新しい高雄市パイプライン管理規格にCSA Groupの石油・天然ガス・パイプライン・システム(CSA Z662)に関する規格を参照したと発表した。同規格は高雄のパイプライン・システムの安全性とセキュリティーの管理を支援するため、都市部地下パイプライン・システムの運用を規制するため国際的な安全性ガイドラインを採用した。

CSA Groupは石油産業・天然ガス産業向けの規格開発にほぼ50年の経験を持っている。CSA Groupの規格開発プロセスの一環として、規格は専門家による技術委員会の手で最低限5年ごとに更新される。今回はCSA Z662の第7版である。さまざまな条件に対応するカナダの主要な規格は、石油・天然ガス産業を構成する広範な環境に主として対応する。CSA Z662の新バージョンは、損失管理システム、インテグリティー管理プログラム、エンジニアリング評価プロセスに絞ったセクションを追加、拡大している。

カナダにおいては、CSA Z662の要件を完全に理解することは、国全体のパイプライン・システムの安全設計、建設、保守の重要な要素である。CSA Z662は各州、領土、連邦政府による法制化の参考となり、業界専門家が安全性を高め、リスクを軽減し、フィールドの生産性を高揚するのを支援する目的でこの規格を理解し、提供する重要な要素となる。その2015年版は基本文書への直接的な専門家コメントを含めて、パイプライン・プロジェクトで働く際の包括的な情報源となる。

台湾の高雄経済開発局の発表に伴って、高雄のすべてのパイプライン運用者は、この新しい規格に準拠しなければならない。CSA Group台湾事務所は、それ専門のシンポジウムにすべてのパイプライン運用者を招き、パイプライン・システムの建設と保守に関係するすべての人々にCSA Z662の要件を理解する助けとなるよう地域のCSA Group専門家と交流してもらう。

CSA Groupは、パイプライン管理規格に関する数十年の経験を紹介し、高雄と台湾全域の地域パイプライン運用者に認証サービスを提供する。パイプライン・コンポーネンツ設計と認証に早期に関わることを通じて、CSA Groupは全体的なパイプライン・システムの安全性とセキュリティーの向上を支援し、あり得る事故のリスクを回避、軽減することを支援するワンストップの技術的ガイダンスを提供する。

CSA Z662に関する詳しい情報はリンク を参照。

▽CSA Groupについて
CSA Groupは独立系、会員ベースの団体であり、安全性、持続可能性、ソーシャルグッドを進めることに専心している。同グループは国際的に公認された規格開発、試験の認証組織である。同グループはまた、消費財の評価、教育と訓練のサービスを提供する。グループの幅広い知識と経験は、危険場所&工業機器、輸送、配管工事&建設、電気医療&ヘルスケア、機器&ガス、代替エネルギー、証明、持続可能性などである。世界の数十億の製品にはCSAマークが貼られる。CSA Groupの詳しい情報はリンク を参照。

CSA Group Taiwanの問い合わせ先
Frances Hung
(02)2901-5123
csataiwan@csagroup.org


CSA Groupの報道関係問い合わせ先
Pino Chen
86-21-54261199-822
pino.chen@csagroup.org

ソース:Canadian Standards Association

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事