logo

OKIと日本IBM、地方自治体向けクラウドサービス分野で協業

JCN 2015年11月16日 11時10分
From JCN Newswire


TOKYO, Nov 16, 2015 - ( JCN Newswire ) - 沖電気工業株式会社(以下、OKI)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下日本IBM)は、このたび地方自治体向け地方創生分野での各種クラウド・ソリューション・サービス提供における協業について2015年11月13日に合意致しました。今回の協業では、OKIは日本IBMと協力して、地方創生クラウド・サービスの運営に加え、地方自治体向けの取り組みで培った実績をもとに地域活性化を実現する新しいアプリケーションの開発を行います。日本IBMは、OKIによるIBMクラウド環境を活用した新ソリューションの開発における技術支援を行い、地方自治体の魅力作りを推進します。これにより、地方自治体の魅力を全国に発信し、観光、産業などから地方自治体の新たなビジネスへの取り組みを支援します。

現在、多くの地方自治体では人口の減少、急速な高齢化といった課題に対しての対策が急務となっており、各地方自治体には特色のある持続可能な対応策の立案とその実行が求められています。このような背景を踏まえ、今回の協業では、OKIが地方自治体向けに開発した地方創生に貢献する防災システムやITSシステムなどの各種アプリケーションや、日本IBMおよび日本IBMのパートナー企業が提供するソリューションを「SoftLayer」上で提供するため、両社が協力して技術検証を行います。OKIはIBMのクラウドプラットフォーム「IBM(R) Bluemix」などを活用し、観光による地域活性化や雇用創出、ITSによる地域内移動、防災・減災など、快適で豊かな生活の実現につながるソリューションを提供するOKI独自の地方自治体向け地方創生ソリューションを新たに開発して、2016年4月より提供する予定です。

両社の協業により、地方自治体は、OKIが提供する「地方創生クラウド・サービス」を利用することで、短期間かつ低コストで地方自治体が自身の魅力作りに必要なサービスを選択、利用することが可能となります。地方創生に適したサービスの採用により早期に地域の活性化の実現が期待できます。

OKIの「地方創生クラウド・サービス」は、市町村防災行政無線システムや消防指令システムなど、永年OKIが地方自治体向けにシステム提供をした実績を踏まえ、地方自治体が抱える様々な課題解決を支援することを目指すクラウド・サービスです。安心・安全、域内移動、観光振興など、多くのソリューションをクラウド上で提供し、様々な領域でご利用いただけるサービスです。

IBMの「SoftLayer」は、高品質かつ高速なネットワークにより、必要な時に必要なIT資源を柔軟かつ迅速に利用できるハイパフォーマンス・クラウドサービスです。今回、OKIは、「SoftLayer東京データセンター」を利用し、ベアメタル・サーバー、仮想サーバー、ストレージ、ロードバランサー、ファイアウォール、ネットワーク・サービスなど「SoftLayer」の全サービスと機能を活用し、高い安定性と性能、そしてセキュリティーを備えたインフラ構築に取り組んでいきます。また、サーバー構築、維持、運用費用などのコストの観点でも、自治体向けクラウド環境の運用コストを大きく削減する効果が期待されています。

エンタープライズ分野で採用が進むハイブリッド・クラウド環境では、企業の既存資産や地理情報などのインターネット上の各種サービスを組み合わせたアプリケーションやサービスの迅速な開発を進める一方、高いセキュリティーの確保や運用管理の効率化が求められています。IBM Bluemixは、このようなエンタープライズ分野のハイブリッド・クラウド環境におけるアプリケーション開発を支援するPaaSです。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Bluemix、developerWorksは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。SoftLayerは SoftLayer, Inc., an IBM Companyの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 リンク をご覧ください。

<製品情報>
【OKI】
地方創生クラウド
画像: リンク

【日本IBM】
IBMクラウド
リンク

IBMクラウドFacebook
リンク

IBMクラウドTwitter
リンク

SoftLayer
リンク

Bluemix
リンク

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

<報道関係者お問い合わせ先>
OKI 広報部 山本
Tel: 03-3501-3835(直通)
email: press@oki.ccom

日本IBM 広報 小林
Tel: 050-3149-2095(直通)
03-3808-5120(広報代表)
email: KMAMORU@jp.ibm.com

<お客様その他のお問い合わせ先>
OKI 社会システム事業本部 次世代社会インフラ事業推進室
Tel: 03-5445-6318

ダイヤルIBMお客様相談センター
フリーダイヤル: 0120-04-1992

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事