logo

米粒より小さい振動センサ

株式会社ジーデバイス 2015年11月16日 06時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015/11/16

株式会社ジーデバイス

無指向性(3軸検出)振動センサ 型式CMN200

株式会社 ジーデバイス(本社:東京都中野区 代表取締役 嶋瀬照雄 以下ジーデバイス)は、11月16日(月)よりジーデバイス(リンク)から、チップタイプの無指向性振動センサ「CMN200」の試作サンプル出荷を開始致します。
無指向性振動センサ「CMN200」は、サイズが2.0x2.0x1.5(MAX)mmでセンサ内部の導電球が搭載製品の僅かな振動を検出します。
「電池を電源とする機器の動き」や「ヒトやモノの動き」を検出し、「静止時の電池節電効果」や「ヒトやモノの見守りや動きの管理」などに対し効果を発揮するメカニカルセンサーです。

《ムダをなくす、無指向性振動センサ「CMN200」の搭載メリット》
(1)社会的なメリット
電池、資源、環境資源のムダ使いを軽減させます。
(2)一般消費者のメリット
電池消耗、電池交換、電池ごみのムダを軽減させます。
(3)メーカーのメリット
・製品電池の長寿命化
・電池の長寿命化による顧客満足度アップ
・製品振動・静止時の自動制御 etc.
《期待するアプリケーション》
車載用スマートキー、ウェアラブル機器、MtoM、IoT、介護福祉 etc.



商品名:無指向性振動センサ CMN200
案内サイト:リンク
サンプル価格:@3,500/個 (単品)
量産受注開始:2016年4月予定
量産価格:@400/1,000個時



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事