logo

世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦するトレーディングカードゲーム『Card King : Dragon Wars』Amazon Androidアプリストアにて世界配信開始のお知らせ

CROOZ 2015年11月13日 13時41分
From PR TIMES

クルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕 宏二)の子会社であるCard King株式会社は、世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦するトレーディングカードゲーム(以下、TCG)『Card King : Dragon Wars(カードキング:ドラゴンウォーズ)』iOS版、Android版に続き、Amazon Androidアプリストアにて、世界配信(※)を開始したことをお知らせします。



[画像: リンク ]



本ゲームは、3Dで描かれた空想都市「ドラガーディア」に世界中から集ったヒーローたちがモンスターを収集・育成しながら、最強の王者「カードキング」を目指していくゲームです。プレイヤーは、戦士系や回復魔法系など特徴的な5属性に分かれたモンスターと、特殊な能力を発揮する「アクションカード」を戦況に応じて組み合わせながら戦う事で、攻撃力や防御力といったステータスでは適わない強敵にも打ち勝つことができるTCG元来の楽しみ方を味わえます。

また、スマートフォンやタブレットでも手軽に楽しめるよう、1試合5分程度でバトルの勝敗がつけられるように考慮されていると共に、レア度が異なる100体以上のモンスターが登場することによるコレクション要素や、プレイヤーが育成したモンスターと戦術を駆使して、世界中のプレイヤーと対戦できるソーシャル要素も搭載されており、これまでTCGになじみが薄かったスマートフォンやタブレットゲームユーザーの方でも楽しめるゲームとなっています。
※ 日本とアジアの一部地域を除く

■TCGのポテンシャルについて
TCG は、世界規模で高い人気を誇るゲームジャンルであり、日本玩具協会は、2013 年度の国内市場規模は800億円超と発表しています。さらに、海外で高い人気を誇るオンラインTCG は、同ゲーム公式Twitter にて、リリース後約7 ヶ月目に全世界ユーザー数が2,000 万人を突破したと発表しています。TCGは、世界中で多くのプレイヤーが存在し、市場が確立されていることから高いポテンシャルを持つゲームジャンルの一つと言えます。

■Card King株式会社について
TCG 市場に注力するため、スマートフォン・タブレット向けTCG の企画、開発及び運営を行う事業部門を子会社化し、スマートフォン・タブレット向けTCG の企画、開発及び運営に特化した戦略子会社、Card King 株式会社を設立しました。『Card King:Dragon Wars(カードキング:ドラゴンウォーズ)』を皮切りに、スマートフォン・タブレット向けTCG でヒットを狙ってまいります。

※プラットフォームの仕様上、本ゲームが検索結果に反映されるまでに時間を要するため、プレスリリース配信直後は検索にヒットしない場合があります。その際は下記URLより直接アクセスしていただくか、時間を置いて再度検索を行っていただきますようお願い申し上げます。


≪サービス概要≫
サービス名称:『Card King : Dragon Wars(カードキング:ドラゴンウォーズ)』
企画・開発:Card King株式会社
URL
■Amazon Androidアプリストア
リンク
■Android
リンク
■iOS
リンク

対象端末
■Amazon Androidアプリストア
Android 4.0.3以降、Fire OS 3.0以
■Android
Android 4.0.3以降
■iOS
iOS7以上(iPhone4S以上、iPad第3世代以上、iPad mini、iPod touch第5世代以上)

利用料金
アイテム課金型(基本プレイ無料)


≪会社概要≫
社名 :クルーズ株式会社
所在地 :東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設立 :2001年5月24日
資本金 :4億3,216万円
事業内容 :CROOZは、ソーシャルゲームやネット通販を中心に、世界中にインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業です

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。