logo

「プライベートCA Gleas」の IoT / M2M における活用に関するホワイトペーパーを公開

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、プライベート認証局製品である「プライベートCA Gleas」の IoT / M2M における利用方法の設定例を記載したホワイトペーパーをコーポレートWebサイトで公開したことを発表します。

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介。以下、JS3)は、プライベート認証局製品である「プライベートCA Gleas(以下、Gleas)」の IoT (Internet of Thing) / M2M (Machine-to-Machine) における利用方法の設定例を記載したホワイトペーパーをコーポレートWebサイトで公開したことを発表します。

今後の利用拡大が見込まれるIoT/M2Mに最適な軽量プロトコルであるMQTT(MQ Telemetry Transport)において、Gleasから発行されたインターネット接続デバイス向けの電子証明書を認証に利用することにより、通信をおこなうデバイス間の相互認証を確実におこなうことが可能となり、結果、電気自動車やスマートホーム、産業機器をはじめとした「モノのインターネット」において高いセキュリティを備えた通信が可能となります。

JS3は、MQTTでのクライアント証明書認証の設定例をまとめたホワイトペーパーを以下の URLにて公開します。
リンク

JS3は今後も継続して IoT / M2M を安全に使うためのソリューション開発をおこなってまいります。

■Gleasについて
Gleas は、これまでのPKI関連ビジネスで得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために JS3 が開発・販売する認証局アプライアンスです。
ここ数年、Gleas はエンタープライズ市場を中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。Gleas の企業の管理者業務の効率化を目的とした機能および他製品との関連ソリューションは、お客様からのニーズに基づき開発・搭載したことで高い評価をいただいています。

■株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心にしたビジネスを積極的に展開しています。
主に認証を目的に組織内で利用されるプライベート認証局の導入において、中小規模から数万ユーザを超える規模までの実績があります。詳細については弊社ホームページをご覧ください。
リンク

■製品の詳細
・プライベートCA Gleas
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。