logo

A.K. Stampingのワイヤレス給電レシーバーコイルは市場を変革する

A.K. Stamping Company, Inc. 2015年11月12日 12時15分
From 共同通信PRワイヤー

A.K. Stampingのワイヤレス給電レシーバーコイルは市場を変革する

AsiaNet 62535 (1478)

【マウンテンサイド(米ニュージャージー州)2015年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*ワイヤレス給電(充電)レシーバーコイルは、業界で最も効率的なワイヤレス給電システムの1つを代表する最新テクノロジーとなる

A.K. Stamping Company, Inc.(AKS)は12日、世界で最も効率的なワイヤレス給電レシーバーコイルの1つとなる最先端テクノロジーを発表した。AKSのコイルは最新の製造技術を使って、あらゆる給電可能なコイルの中で最も高い金属密度を持っている。

今日のハンドヘルド機器メーカーは、機器にワイヤレス給電を施す際に発生する数多くの問題に直面している。A.K. Stampingはレシーバーコイルに独自のソリューションを施してこれらの問題に対応している。

1、厚さを減らす:AKSが特許申請中のバイファイラーコイル(二重巻きの無誘導コイル)デザインは、シールドを含めてアセンブリの厚さを0.3mm以下に保つ。
2、発熱を減らす:AKSの給電コイルは業界最低の電気抵抗を備え、充電中の機器の温度を減じる助けになる。
3、コストを削減する:AKSの高度にスケーラブルな製造処理によって、BOM(部品表)コストのインパクトを最低限に抑えた価格でワイヤレス給電コイルを提供する。製造利回りの利点は、一貫したインダクタンスと電気抵抗によって非常に大きい。
4、高出力:AKSの低電気抵抗給電コイルは、スマートフォン、タブレット、その他デバイスをより高速で充電したいというモバイル機器メーカーの高出力要件に対応する
5、標準的整合性:AKSは真にマルチモードの相互運用性を持たせるため1つのアセンブリにQi、AirFuel(A4WP / PMA)など多くの標準規格を結合する柔軟性を設計者に提供する。

▽2015年はワイヤレス給電業界にとって画期的な年
相互運用性と消費者意識により大きな注目が高まる中で、ワイヤレス給電レシーバーとトランスミッターに対する世界の売り上げは、2015年に約17億ユニットに伸びた。IHSはこれらデバイスの数が2024年には150億ユニットまで増加すると予測している(注1)。

フォーチュン100社を含む業界リーダーへのトップ部品サプライヤーとして、AKSはワイヤレスパワーコンソーシアム(Qi)およびAirFuel(旧A4WP Rezence / PMA)への加入を通じて、ワイヤレス給電インフラストラクチャーの拡大に積極的な役割を果たしている。

レシーバーコイルとその独自のテクノロジーは、精度の高い部品供給のイノベーションにもたらすAKSの長年のコミットメントを反映している。AKSはカスタム化された精密金型のリーダーとして、急速に成長するワイヤレス給電市場に対するソリューションを力強く切り開き続けている。

詳しい情報はwww.akstamping.com/wireless-chargingを参照。

▽AK Stampingについて
A.K. Stamping Co., Inc. (www.akstamping.com )は精密金型を50年間にわたり製造しているグローバルリーダーである。AKSは卓越した質、革新的デザインとテクノロジーで知られている。AKSは米国とアジアに製造施設を保有し、エレクトロニクス、国防、医療各産業に費用対効果が高いソリューションを提供する。

(注1)
リンク

ソース:A.K. Stamping Company, Inc.

▽問い合わせ先
Carlo Montesa
AK Stamping Co., Inc.
+1-908-232-7300
press@akstamping.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。