logo

クムジャパン QUMU Video Control Center 7.5 日本語版を提供開始

~社内動画活用に必要な 質の高い動画視聴レポート、多言語対応、音声検索、画面キャプチャー録画~

企業向け動画配信プラットフォーム (EVP: エンタープライズ ビデオ プラットフォーム) ベンダーであるクムジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役小山田佳裕) は、エンタープライズビデオプラットフォームの、新バージョンであるVideo Control Center 7.5の発売を開始いたしました。




新しいバージョンで提供する機能
 動画視聴履歴のレポーティング機能 インタラクティブなチャートとグラフ サマリーデータビュー ドリルダウン(集計範囲の絞り込み)他に、多言語機能、ビデオンデマンド用プログラムテンプレートの強化。マイクロソフト製品のシェアポイントやSkype for Businessの連携、IBMポータル製品の他に、新たにOffice365との連携 シスコ社のWebExとの連携も可能になりました。


QUMU Video Control Center(VCC)の主な機能


●より強化されたスピーチサーチ

動画の音声から目的の動画と再生ポイントを探し出す検索方法です。動画の中にあるすべての音声を音声学的にインデックス化するスピーチ サーチ技術により、どのような単語やフレーズも数千時間のビデオの中から数秒で探し出すことができます。再生したいポイントを探すために、長々と不要なシーンを視聴する必要がありません。日本語での検索は、平仮名とカタタナで可能です。(詳細はクムジャパンブログにホワイトペーパーを翻訳記載)

スピーチサーチ すばやく目的の動画や再生ポイントを検索する方法
リンク

[画像1: リンク ]



●クイックキャプチャー(画面キャプチャー録画) Ver 2.0

PCの画面の操作方法でどこをクリックしてどこに入力して等を説明するのもQUMU Video Control Center にあるクイックキャプチャーで簡単に分かりやすく説明動画が作成できます。プレゼンテーションの動画作成も簡単。 最新版の2.0になり、より直感的なGUIへと進化し使いやすくなりました。上記スピーチサーチの画面もクイックキャプチャー機能で簡単に動画作成しました。


QUMU Video Control Centerには、その他にもパスファインダーと呼ばれるユーザーが接続しているデバイスの位置や種類、使用するブラウザーの種類、デバイス、ネットワークに応じた適切なフォーマットを自動的に認識する機能の他に、社内外CDNに対応する機能、企業の認証サービスとの連携/アクセスコントロール、モバイルプラットフォーム、ウェブサービスと RESTful webAPI等の企業内で動画を活用するための機能を提供しています。製品の詳細のお問い合わせは以下からお願いします。
リンク


■ QUMU Corporation (NASDAQ: QUMU)について

本社:米国ミネソタ州ミネアポリス

米Inktomi社をルーツにエンタープライズ ビデオの業界で10年以上の歴史を持ち、米国ナスダック市場に上場。エンタープライズ向けのビデオ コンテンツ マネジメントと配信ソリューションを提供しています。Qumu エンタープライズは、Gartner社Magic Quadrant「エンタープライズ ビデオ コンテンツマネジメント」分野で「リーダー」の一社に位置付けられています。最新のガートナーレポート2014の入手は以下リンクから。
リンク

[画像2: リンク ]



■ クムジャパン株式会社について

本社: 東京都港区六本木7-4-8 ウインドビル2F

URL: リンク 電話: 03-5771-7182

米国QUMU Corporationの100%子会社で2014年7月設立。資本金1000万円。クム社製品の販売、サポートを日本国内で行い、日本のお客様に最適な社内向けビデオ ソリューションを提供します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。