logo

取材のご案内

株式会社公文教育研究会 2015年11月12日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月12日

株式会社 公文教育研究会

2015年 おはなしエンジェル 子ども創作コンクール 表彰式開催
ー審査委員の作家たちも参加ー
~ 2015年11月21日(土)14時~16時/日本出版クラブ会館にて ~

今夏、株式会社 公文教育研究会(代表取締役社長 池上秀徳〔いけがみ ひでのり〕)は、一般社団法人日本児童文学者協会、一般社団法人日本児童文芸家協会との共催による、「おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」を行い、幼児・小学生・中学生から創作童話を募集しました。今年で16回目を迎え、幼児・小学生低学年の部60点、小学生中高学年の部107点、中学生の部34点と、計201作品もの応募があり、26作品が入賞しました。このたびその審査結果に基づいた表彰式を開催いたします。

表彰式プログラム
開会の挨拶 ― 日本児童文学者協会 理事長 丘 修三
講     評 ― 日本児童文芸家協会 理事表 矢部 美智代
各賞の贈呈 ― 受賞した子どもたちから「なぜこの作品を書いたか」につい
て一言コメントを発表いただきます。
歓   談  ― 軽食を用意した立食懇親会。作品について、絵本作家の
先生と受賞者との自由なコミュニケーションタイムです。
朗   読  ― 絵本作家の方が大賞作品を朗読します。またお話作りのヒ
ントなどをお話しいただきます。
閉会の挨拶 ― 日本児童文芸家協会 理事表 矢部 美智代 他
日本出版クラブ会館(神楽坂) アクセス→ リンク

■ 入賞者一覧
最優秀おはなしエンジェル賞
幼児・小学生低学年の部『お父さんのカバン』 打矢 響介(東京都・小2)
小学生中高学年の部  『一日だけうさぎ』  原 知子(神奈川県・小3)
中学生の部              『少年と二通の手紙』 弓削 和果(神奈川県・中3)

金のエンジェル賞
幼児・小学生低学年の部
『おふろすいぞくかん』中田 智佳(東京都・年長)
『くるくるまわる』  多田 樟太朗(北海道・小2)
『ラーメンちゃん』  有村 文沙(京都府・年長)
小学生中高学年の部
『夢ショップ』    富樫 輝紀(東京都・小6)
『希望色の木の葉』  鈴木 陽菜(静岡県・小6)
『みんななかよし』  違 晴香(東京都・小5)
中学生の部
『十三歳の誕生日プレゼント』  矢澤 希空(東京都・中1)
『心の「凝り」、ほぐします』  矢澤 宙空(東京都・中1)
『じいちゃんと散歩』      藤井 杏(大阪府・中1)

銀のエンジェル賞
幼児・小学生低学年の部
『まい日がたん生日』        上戸 桜華(鹿児島県・小2)
『どうぶつそうだんしつ』      森田 葵生(東京都・小2)
『たいふうとぼく』         貞任 佑亮(広島県・小1)
『キラキラどうぶつえんの人気もの』 新谷 杏奈(東京都・小1)
『星の国』             後藤 奈々(愛知県・小2)
小学生中高学年の部
『お父さんとお母さんと会う前に』  北山 陽菜(富山県・小4)
『僕は僕』             白鳥 はる(東京都・小5)
『オスシア』            小菅 渚(マレーシア・小6)
『秘密の薬』            山田 千陽(沖縄県・小5)
『木になったカブトムシ』      吉田 脩悟(北海道・小4)
中学生の部
『空と奇跡』            山中 夏帆(滋賀県・中3)
『ゆううつと猫』          柳原 花音(東京都・中2)
『お月さまのヒミツは、ウッシッシー』関 れいな(アメリカ・中2)
『独楽』              城下 理彩子(長野県・中2)

■今回の表彰式について
(1)表彰式には著名な絵本作家の方々が参加されます。
審査員を務められた作家の皆さんと受賞者の子ども達との歓談の場も用意され、直接講評を伝えていただくなど、和やかな時間を過ごされます。参加予定の作家の皆さんは以下の通りです。

【児童文学者協会】(敬称略)
丘修三(理事表)、木村研、加藤純子、国松俊英、最上一平、藤田千津、田部智子、
花田鳩子、関朝之、しめのゆき、西美音
【児童文芸家協会】(敬称略)
矢部美智代(理事長)山本省三、たけたにちほみ、すとうあさえ、金治直美、光丘真理、
深山さくら、正岡慧子、横田明子、ささきあり、麻生かづこ、高橋うらら

(2)受賞者には作品をモチーフとした絵画が贈られます。
最優秀賞と金のエンジェル賞受賞者には、画家による、作品をモチーフとした書き下ろしの絵画が贈られます。子どもが考えた世界がどのように表現されるのか、自分のイメージがさらに広がる絵画をその手にした子ども達の表情も楽しみのひとつです。

(3)受賞作は絵本化の可能性も!
これまでの受賞作の中から、とくに独創性のある、すぐれた作品はくもん出版より絵本として出版されます。絵本として世に出る前の作品に表彰式で出会えるかもしれません。

主催:(一社)日本児童文学者協会 リンク
   (一社)日本児童文芸家協会  リンク
       (株)公文教育研究会リンク
協賛:(株)くもん出版  リンク
後援:  朝日学生新聞社 (一社)家の光協会 親子読書地域文庫全国連絡会 この本だいすきの会  産経新聞社 (一財)出版文化産業振興財団 (公社)全国学校図書館協議会 日本子どもの本研究会 日本書店商業組合連合会 (社)日本図書館協会 毎日新聞社 読売新聞社



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事