logo

蘇州国際博覧センターでValve World Expo & Conference Asia 2015が成功裏に閉幕

Suzhou Culture and Expo Center Co. Ltd 2015年11月11日 18時20分
From 共同通信PRワイヤー

蘇州国際博覧センターでValve World Expo & Conference Asia 2015が成功裏に閉幕

AsiaNet 62525(1474)

【蘇州(中国)2015年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*変化に富み弾力性あるスペース配置は優れたサービスに不可欠

世界をリードするValve World Expo & Conference Asia 2015(Valve World Asia)が9月24日、中国東部の都市、蘇州の金鶏湖に近いSuzhou International Expo Center(蘇州国際博覧センター)で閉幕した。イベント主催者のゼネラルマネジャー、アレックス氏は「われわれは開催地、およびわれわれが受けたサービスの質に大変満足している。2年後の次回イベントでここに戻って来るつもりだ」と語った。

開催地がイベント主催者をこれほど引きつけるものは何か?

運河が点在する都市、蘇州は「東洋のベニス」として知られ、伝統的な中国文化を多方面から保存するうえで素晴らしい仕事をしてきた。一方、直近に各種の包括的かつ現代的なアメニティーがあるExpo Centerは、ミーティングと会議向けの5万平方メートルに加えて、10万平方メートルの展示エリアを備えている。ゼネラルマネジャーが称賛したもうひとつの理由は、会場運営担当者が提供する卓越したサービスである。

イベント主催者は主要な背景色として白を選び、出展者の大半が白いテーブル、いす、ソファを利用できるようにして、イベントに欧州特有の雰囲気を醸し出していた。全体の展示エリアは白い壁で囲まれた。展示エリア各所に置かれた豊富な観葉植物は、ホールに快適感を与えるとともに、清浄・消臭材としても機能した。イベント期間中に使われた補給品はすべて、Valves Expo用に特注されたものだった。第1回イベントに関する冒頭討議の初めから、コスト削減と相互利益を最大化するため、両当事者は戦略的な協力計画を策定した。第1回イベントの在庫は何でも、その品目が役立つかぎり次回イベントで再利用するというものである。そうすることによって、再利用可能性が展示会の質を維持するだけでなく、何回でも再利用できる「ブランド化」装飾物の確立も保証したのである。

資格のある会場運営者はイベント主催者のニーズを全面的に理解、実行し、イベント全体の品質を向上させるため主催者と協力する格好の位置にいる。

Suzhou International Expo Centerはかつて、親会社から得られるリソースの支援を受け、BLECH Asia主催者のために「ロメオとジュリエット」の公演を準備したことがある。それはたまたま、イベント主催者のために働くカップルに愛好された演劇だった。

第53回世界卓球選手権は会場に厳しい要求を持っていた。それは広大なスペース、各種の機能要件を取り扱う能力、複数試合を同時進行できるように会場を個別小スペースに分割することなどである。このイベント主催者はSuzhou International Expo Centerについて「世界選手権、五輪の卓球大会会場として最高級」とコメントした。

Suzhou International Expo Centerは常に主催者との緊密な協力関係を模索している。Valve World Asiaの主催者は「Suzhou International Expo Centerはいつも、顧客を考え卓越したサービスを提供する原則を守っている。われわれはイベント主催者として、Suzhou International Expo Centerの専門知識、適時性、ホスピタリティーを認識している。顧客に高品質サービスを共同提供するために、センターと協力することができてうれしい」と語った。

Photo - リンク

ソース:Suzhou Culture and Expo Center Co. Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事