logo

ミッションヒルズ・チャイナが海口のテーマパーク建設でVRLと提携

Mission Hills China 2015年11月11日 15時32分
From 共同通信PRワイヤー

ミッションヒルズ・チャイナが海口のテーマパーク建設でVRLと提携

AsiaNet 62510(1468)

【海口(中国)2015年11月10日PR Newswire =共同通信JBN】ミッションヒルズ・チャイナ(Mission Hills China)は広西投資集団(Guangxi Investment Group)および国際的テーマパークの所有・運営大手のビレッジ・ロードショー(Village Roadshow Limited, VRL)と提携して中国で初のウェットンワイルドウォーター・テーマパーク(Wet’n ‘Wild Water Theme Park)を海口に建設することで合意した、と発表した。VRLのウェットンワイルド・ゴールドコーストやウェットンワイルド・シドニー、ウェットンワイルド・ラスベガスと同じようなウォーター・テーマパークとなる。

ミッションヒルズ・グループは中国で成長しつつあるホスピタリティー、スポーツ、レジャー産業のパイオニアで、テーマパークの建設や運営の専門家と協力を進めている。VRLはオーストラリア最大の国際的テーマパークのオーナー・運営事業者で、同国や米国でテーマパークを展開している。そのポートフォリオにはウェットンワイルド・ゴールドコースト、ウェットンワイルド・シドニー、シーワールド、ワーナーブラザーズ・ムービーワールド、パラダイス・カントリー、オーストラリアン・アウトバック・スペキュクタキュラー、ヴィレッジロードショー・スタジオ、シーワールド・リゾートが含まれる。

ウェットンワイルド海口(Wet'n'Wild Haikou)はミッションヒルズ・グループが開発、ウォーターパークの設計とテクノロジーで業界をリードするVRL Water Technology Inc. が筆頭設計コンサルタントとして管理・運営にあたる。革新的なウォーターパーク製品の製造で世界的に業界をリードするWhiteWater West Industriesがアトラクションの全てを供給する。

ウェットンワイルド海口は敷地面積が5万平方メートル。海口の総面積100万平方メートルのミッションヒルズ・センタービル(Mission Hills Centreville)に位置する。家族向けのコスモポリタンなレジャー施設で、レストランやバー、ショッピング、エンターテインメント、文化施設からなるミッションヒルズ蘭桂坊(Mission Hills.Lan Kwai Fong)を備え、国際的に有名なホテルブランドであるリッツカールトン、ルネッサンス、ハードロックホテルや、映画に関連した観光と商業、文化地区のMission Hills.Huayi Brothers.Feng XiaoGang Movie Townがある。

ウェットンワイルド海口には、家族全員が楽しめる世界で最大最良のスリリングな滑り台やアトラクションがある。8000平方メートルの屋内ファミリーウォーターパークも備え、1年を通じてゲストが楽しめるようになっている。

投資総額は約5億元と見込まれ、開業は2016年の第4四半期に予定されている。

ミッションヒルズ・グループのケン・チュー会長兼最高経営責任者(CEO)は「ミッションヒルズ・グループはテーマパークの開発と運営の世界的なエキスパートの定評があるビレッジ・ロードショーと一緒に仕事をすることを喜んでいる。ウェットンワイルド海口が加われば、世界で最も人気のある観光地のひとつとして、ミッションヒルズ海口のポジションを再確認することになるだろう」と語った。

高解像度写真は以下のアドレスで:
リンク

ソース:Mission Hills China

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。