logo

Skeed(スキード)、丸紅情報システムズと高速データ転送ソリューションSilverBulletの販売代理店契約を締結

株式会社Skeed 2015年11月11日 13時00分
From DreamNews

【概要】
 Skeedの「SilverBullet」は独自開発の純国産高速通信プロトコルSSBP※1により、TCPを利用したHTTP・FTP・CIFS・NFSなど標準的なプロトコルによる通信では大幅な転送速度低下やセッションの不安定化を招きやすい遠距離間や通信品質の悪い回線環境下でも、セキュアで確実、かつ安定した大容量・高速データ転送を実現します。
 これまで、グローバルな大容量データ転送業務を抱える企業を中心に200社を超える導入実績があり、TCP比で最大実測値70倍※2を超える高速転送性能は顧客企業のワークフロー改善に大きく寄与しています。

 MSYSは、製造業向けに3Dプリンター・3Dスキャナ・CAD/CAMなどのソリューションを販売しており、近年多くの顧客企業が製造拠点をASEAN・中国などに展開するのに伴い販売・サポート網を海外に拡大してきました。
 海外に進出した製造業では、設計データや仕様書など大容量のデータを日本と海外拠点間で転送する必要があり、海外地域での低品質な通信インフラにおける通信帯域の確保や通信コストに課題を抱えています。MSYSは、こうした製造業に向けて日本と海外拠点を結ぶオンプレミスでの「SilverBullet」によるデータ通信環境を構築し提供していきます。
 また、日本国内とASEAN各国のクラウドデータセンター内に「SilverBullet」を収容し、クラウドサービスとしても提供する計画です。同時に国内においては、ストレージ事業に関連しディザスタリカバリ用にバックアップデータを遠隔地に転送するソリューションとして「SilverBullet」を拡販していきます。

今後、両社は「SilverBullet」関連の事業展開を通じ、3年間で10億円の売り上げを目指します。
※1:データ転送に特化した独自プロトコル“Skeed Silver Bullet Protocol”の略
※2:日-独間での100MBのデータ転送における実測値

【SilverBullet について】
SilverBullet は、長距離通信や回線品質の劣化に伴い伝搬遅延を来すという、TCP の欠点を克服するため、データ転送に特化した独自プロトコル“Skeed Silver Bullet Protocol”(以下SSBP)を実装した高速データ転送ソリューションです。他の通信と公平に共存しつつ、通信距離やファイル容量を気にすることなく、TCP の数十倍といった大容量高速ファイル転送を実現します。
・SilverBullet 製品サイト:リンク
・SilverBullet 動画サイト:リンク

■丸紅情報システムズについて:リンク
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューション・サービスをお客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融を中心とする様々な業界の知見やグローバルな視点、高度な提案力を強みとし新たなソリューション・サービスの提供を通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」を創出しビジネスを支援します。

■株式会社Skeed(スキード)について:リンク 
株式会社Skeedは独自の高速データ転送技術とP2Pアーキテクチャをベースとした自律分散コンピューティング技術により、高速、安全かつ簡単な純国産のネットワークソリューションを開発・販売しています。更なる広がりをみせるクラウドコンピューティングやビッグデータ時代に重要であるデータ通信の大容量化・ユビキタス化・グローバル化といった要求に確実に応えることにより、来るIoT時代においても必須となる、ネットワークにおける真のコアバリューを提供しています。
Skeedは、2013年にRed Herring Global Top100 Companyに選出されています。
リンク

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Skeed(スキード) 広報担当:松岡
TEL:03-5487-1032 E-mail:pr@skeed.co.jp
※ 本リリースに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。