logo

Kaizen Platform, Inc.への特化型グロースハックチーム提供開始

株式会社エボラブルアジア 2015年11月09日 12時30分
From PR TIMES



株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村英毅、以下当社)は、Webのユーザー・インタフェース改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)に対して特化型グロースハックチームの提供を開始いたしました。

2015年5月より当社は、ベトナムにグロースハックチームを構築しKaizen Platformに対してのデザイン案投稿を開始しておりましたが、Kaizen Platformが東南アジアを含むグローバル展開をさらに強めていく背景の中で、当社実績を評価頂き、この度特化型グロースハックチームの提供開始に至りました。

当社は、実績としてKaizen Platform上の2500名を超えるグロースハッカーの中で2015年8月から10月末までのランキングにおいて、採用数ランキング第3位、勝利数ランキング第4位、採用率約35%と好成績を収めております。
また日本のグロースハッカーと比較すると当社ベトナムグロースハッカーは、グローバル案件(英語・ベトナム語サイト)のデザイン案作成も高いレベルで行えることを強みとしており、積極的にグローバル案件の取組みを行なっております。

当社はベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点を持つ、日系最大のITオフショア開発会社です。現在約500名のエンジニアが在籍しており、クライアントの専属チームを組成するラボ型オフショア開発に特化しております。従来のラボ型開発に加え、ホーチミン、ハノイと連動したサテライトラボにより業務効率化を可能とします。日本国内のエンジニアの人材難、人件費高騰のソリューションとしてシステム開発の提供をしております。また、ベトナムの最大手求人媒体との連携により高い品質の人材を確保できる採用力と、サポート体制を強みとしております。

今後はより一層Kaizen Platformとの協力体制を強め、ベトナムグロースハックチームの規模拡大を進めていくと共に東南アジアにおける日系オフショア開発のリーディングカンパニーとして、ベトナムオフショア市場の発展へ尽力してまいります。
[画像: リンク ]



【株式会社エボラブルアジア】
本社  :東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6階
社名  :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :380,137千円(払込資本 565,274千円)
URL  :リンク

【Kaizen Platform, Inc.】
会社名  :Kaizen Platform, Inc.
代表者  :Co-founder & CEO 須藤憲司
所在地  :〒163-0241 東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル41F
設立   :2013年3月
事業内容 :WebのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム「Kaizen Platform」の提供
URL   :リンク

【ラボ型オフショア開発に関するお問い合わせ】
■特設サイト:リンク
■問い合わせ:ea-labo@evolableasia.com

【当社サービスサイト】
綜合旅行販売サイト TRIP STAR   :リンク
国内航空券予約サイト 空旅.com  :リンク
ビジネストラベルマネジメント事業 :リンク
オフショア開発事業        :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事