logo

B-EN-G、次世代高度計画ソリューション LOGIS Production Plannerの導入支援サービスを提供開始

~複雑な生産計画の立案と管理により、迅速・確実な納期と一層の効率化を支援~

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大澤正典、以下B-EN-G)は本日、LOGIS a.s.(本社 チェコ共和国、代表取締役Dalibor Konvička (ダリボア コンヴィチカ))の次世代高度計画ソリューション LOGIS Production Plannerについて、日本で最初の導入パートナーとして導入支援サービスを開始したことを発表します。



LOGIS Production Plannerは生産計画立案と管理において、他の製品にない高度な機能を有するパッケージです。能力計画とスケジュール機能を同時に利用できる点が、同種の他製品と異なる点であり、特に生産計画立案が製造業で最も複雑で難しいと言われる鉄鋼業界では、多くの世界トップ企業にて活用実績を有するソリューションです。

B-EN-Gは、これまでにもSCM計画系のソリューションをご提供して参りましたが、LOGIS Production Plannerをラインナップに加えることにより、お客様が製造する製品やビジネス形態の広がり、迅速確実な納期の実現と効率的なオペレーションに対する要求の一層の高度化にお応えすることができると考えております。B-EN-GはLOGIS Production Plannerの導入支援サービスにより、今後5年間で10億円の売り上げを目指します。

なお、現在次世代高度計画ソリューションをご紹介するセミナー開催を企画中であり、確定次第、B-EN-GのWEBサイト等でご案内致します。
以上

■次世代高度計画ソリューションLOGIS Production Plannerについて
LOGIS Production Plannerの詳細についてはリンク をご覧ください。

■東洋ビジネスエンジニアリング株式会社について
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、製造業、流通・サービス業向けのERP(基幹業務)システム導入を中心に、ITサービス(ITソリューション)で企業成長を支援する会社です。1993年に日本で初めての本格的なERPシステム導入を成功に導いて以来、国内のERP市場をリード、近年ではERPを核として、ビッグデータ等IoT時代のIT活用、収益管理・予実管理の高度化、将来予測と変化対応等、新世代のITソリューション提供にも早くから取り組み、お客様の事業の発展をお手伝いしています。東洋ビジネスエンジニアリングの詳細は、リンクをご覧ください。

【当報道に関してのお問い合わせ窓口】
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 業務管理本部 広報 猪野 肇
電話:03-3510-1615 / E-mail:kouhou@to-be.co.jp

【当サービスに関してのお問い合わせ窓口】
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 ソリューション事業本部 マーケティング部
電話:03-3510-1622 / E-mail:solution-info@to-be.co.jp

※ LOGIS Production PlannerはLOGIS a.s.の商標または登録商標です。
 その他のすべての会社名および製品名はそれぞれの企業に属します。

[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事