logo

「ACE 2015 Europe」で、新たにIBM、Getrag、Akrapovic、 Autronica各社の登壇が決定!これからのPLMとその戦略について講演

11月10・11日にベルリンで開催される年次ユーザーカンファレンスで、導入企業・パートナー各社が実際のPLMソリューションと新たなアプリケーションを発表

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年11月3日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass., Munich, Germany and Tokyo, Japan –2015年11月3日(米国東部時間) –エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、 11月10・11日にベルリンで開催されるArasの年次ユーザーカンファレンス「ACE 2015 Europe」に、新たにIBM社、Getrag社、Akrapovic社およびAutronica社が登壇することを発表しました。この他にも、エアバス社、IBM社およびArasの3社が合同プレゼンテーションを実施、ALM-PLM統合の成功のヒントをご提案する予定です。

イベント詳細および参加ご登録はこちらから: リンク

PLMエキスパートおよびArasユーザーによる講演の主要テーマ:
・柔軟な他システムとの接続性
・モデルベース・システムズエンジニアリング (MBSE)
・セキュアコラボレーション
・クラウドを使ったスケーラブルなシステム展開
・PLMのカスタマイズ
・インダストリー4.0

「Rethink PLM」をテーマに掲げたこのカンファレンスには、PLM導入をどう成功させるか、その方法を模索している企業の皆さまどなたにもご参加いただけます。MCAD、ECAD、ALM、他社のPDM/PLMシステムとの統合が求められる複雑な製品環境でPLMソリューションを迅速に導入する際の、実際の体験談や新たな戦略をご紹介します。また、T-Systems社、IHS社、Minerva社、Prostep社およびKisters社といったArasのパートナー企業各社が、ユーザーの機能を拡張するアプリケーションや Aras Innovatorのオプションの導入について解説します。

「Arasには大変活発なユーザーコミュニティが存在しますが、そうしたユーザーや管理者の皆さんにとって、ACE Europeは他のユーザーから実際のPLM導入の状況について聞くことができる貴重な場となっています」と、ArasのEMEA担当マーケティングマネージャー、Michael Mayrは述べています。 「アイデアを共有し、刺激を受け、業界をリードする企業のベストプラクティスを学べるこのカンファレンスには、多くのお客様に毎年参加していただいています。」

ACE 2015 Europeは、11月10・11日の2日間にわたり、アンデルス ホテル ベルリン(andel's Hotel Berlin)で開催され、参加は無料です。詳細および参加ご登録はこちらリンクからご覧いただけるほか、Twitter @aras_plmや、ドイツ版Aras PLMブログ リンクもご参照ください。

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、モトローラ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。