logo

「ワイン・スペクテイター」にて「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」が日本ワインの中で最高点となる90点を獲得!

メルシャン株式会社 2015年11月05日 19時29分
From Digital PR Platform


 メルシャン株式会社(社長 横山清)が製造・販売する「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」は、世界最大の発行部数を誇る米国のワイン専門誌「ワイン・スペクテイター」がWEB上で評点を実施する「ワイン・スペクテイター・オンライン」にて、日本ワインの中で最高点となる90点を獲得しました。この評点は80点台と90点台で大きく評価も異なり※、90点台を獲得することは、世界のワイン業界でも大きなステータスとされています。当社が90点を獲得するのは、2013年の「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2009」以来、2回目の快挙です。
 ほかにも、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2012」が89点を獲得したほか「シャトー・メルシャン」シリーズ8アイテムが85点以上の高い評価を得るなど、「フィネス&エレガンス」(調和のとれた上品な味わい)の実現を目指す同シリーズが高い評価を受けました。
※下記参照

【「ワイン・スペクテイター」からのテイスティングコメント】
~「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」~
・いきいきとした赤色。ブラックチェリーのジューシーな風味にリコリス、スモーキーな香り。
軽いがしっかりとしたタンニン、そして柑橘を思わせる酸味。洗練されたワインで、料理にちょうど良く合わせられる。飲み頃は現在から2021年まで。
【「ワイン・スペクテイター」評点について】
・世界最大の発行部数を誇り、ワイン市場に強い影響力を与えるアメリカのワイン専門誌「ワイン・スペ
クテイター」がWEB上で世界中のワインを100点法(以下参照)で評価するものです。
 95-100 Classic:偉大な素晴らしいワイン
90-94 Outstanding:傑出したワイン
85-89 Very good:とてもよいワイン
80-84 Good:よいワイン
75-79 Mediocre:並のワイン
50-74 Not recommended:おすすめできないワイン
【今回の当社ワイン評点の概要】
・「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」       :90点
・「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2012」:89点
・「シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2009」:87点
・「シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2014」      :87点
・「シャトー・メルシャン メリタージュ・ド・城の平 2011」   :87点
・「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2011」 :87点
・「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ 2013」        :85点
・「シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA 2012」   :85点
※これまでも多数のワインが評価を受けています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。