logo

株式会社セシオス、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」の学術認証フェデレーション(学認)連携機能を強化

株式会社セシオス(東京都新宿区、代表取締役 関口薫)は、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」の学認連携機能を強化したことを発表します。

従来から「SeciossLink」は学認サービスとの連携(シングルサインオン)が可能でしたが、今回のリリースにより、以下の機能を利用することができるようになります。

・学認サービスに送信する属性についてユーザに同意を求める(uApprove相当)機能
・学認サービスとの連携は管理者がGUI画面から設定可能
・アクセス先サービスごとに利用を許可するユーザをGUI画面で設定することが可能
・学認が公開しているメタデータに変更があった場合、自動的に情報を取得する機能

今回の機能強化により、オンプレミス型IDPで発生していたサービス追加・変更時の運用コストを削減し、証明書更新やバージョンアップなどの負担を大幅に削減することができます。

「SeciossLink」サービスの機能強化により、学認サービスの利用拡大の一助になれば幸いです。
なお、本機能はSeciossLinkを既にご利用のお客様は追加費用なしで利用することが可能です。

今後もお客様のニーズに応えられるよう、更なる機能強化を行っていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事