logo

Whole Foods Market 社とインフォアが提携 次世代クラウド小売管理スイートを構築

インフォアジャパン株式会社 2015年11月05日 10時00分
From DreamNews

Whole Foods Market 社とインフォアが提携
次世代クラウド小売管理スイートを構築

~最先端の小売プラットフォームで業務の生産性を向上、
 卓越したデータ分析とカスタマーエクスペリエンスを実現~

デザイン性の高い業界特化型ビジネスアプリケーションをクラウド上で展開する米インフォアおよび Whole Foods Market (NASDAQ: WFM) は10月14日、小売管理ソリューションを再定義する新たなソリューションを設計するために提携することを発表いたしました。両社は、Whole Foods Market社向けに、クラウドベースの小売管理ソリューションを新たに構築し、これによって食品雑貨店の業務をより迅速かつ効率化し、カスタマーエクスペリエンスを強化する計画です。今回、新たに構築する小売管理ソリューションスイートであるInfor CloudSuiteTM Retailは、将来的には他の小売企業にも提供される予定です。
※Infor CloudSuite Retailの日本市場での展開については、現時点では未定です。

Whole Foods Market社、最高情報責任者のジェイソン・ブッシェル(Jason Buechel)氏は、次のように述べています。「この度、当社がインフォアと共同開発する新しい小売プラットフォームは、現在市場にあるものとは全く異なるものであり、主な先進的テクノロジーをうまく活用して、より価値あるものをより安く提供できるようになります。当社は、インフォアという理想的なパートナーを見つけたことで、業務をさらに効率化し、取引先とつながることで、高い可視性と柔軟性、インサイトを実現し、当社のユーザーも使いやすい新しい小売プラットフォームを共同開発することになりました。これは最終的には当社のお客様にエンドツーエンドの優れたショッピングエクスペリエンスを提供できることを意味します。」

多種多様な戦略的マーチャンダイジングとサプライチェーンマネジメント業務を、クラウドベースで自動化し、より高度かつ効率的なプロセスにすることで、Whole Foods Market社は、新しいプラットフォームの高度なアナリティクス機能を使って、インサイトを手に入れ、ビジネスパフォーマンスを改善し、業務を効率化することを期待しています。また、新しいプラットフォームの高度なITインフラストラクチャは、Whole Foods Market社の店舗や同社のデジタルチャネルからオンラインで商品を購入するお客様に対して、より豊富な商品情報を提供し、ショッピングエクスペリエンスを向上できることも期待されています。

またインフォアは本日、Whole Foods Market社をパートナーとしてコラボレーションすることで、エンドツーエンドな次世代小売ソフトウェアスイートの開発計画の詳細について発表しました。今回の提携によって、マンハッタンを拠点とするインフォアの社内デザインエージェンシーであるHook & Loopのデザイナーや、インフォアの開発エンジニアは、Whole Foods Market社を実際のモデルとして研究開発することになります。インフォアのチームは、Whole Foods Market社のチームメンバーと共同作業しながら、重要なプロセス改善余地を把握し、Whole Foods Market社がより優れた意思決定をより迅速に決断し、クラウドやオープンソースといった最新テクノロジーを活用して、同社のお客様により優れたエクスペリエンスを提供するという目的に特化したソフトウェアスイートを開発します。

インフォア、社長のダンカン・アンコブ(Duncan Angove)は、次のように述べています。
「過去5年間、インフォアは、デザインを重視することをコアのコンピテンシーとし、オープンソーステクノロジーを取り入れ、ミッションクリティカルなERPをクラウドのマルチテナント方式で提供するなど、エンタープライズソフトウェアを近代化するパイオニアとして活躍してきました。私たちのビジョンや価値、文化を共有できる企業としてWhole Foods Market社と提携することで、インフォアは小売ソフトウェア業界の常識を覆すような改革を実行する準備が整いました、データサイエンスを使うことで、リアルタイムな意思決定を支援し、お客様が何度も利用したくなるような一貫した美しいエクスペリエンスを提供します。」

Whole Foods Market社について
1978年、テキサス州オースティンに創設されたWhole Foods Market社は、自然派・オーガニック食品を提供する先進的な小売企業であり、国内初の「オーガニック認定」を受けた食品・雑貨店であり、またアメリカで最もヘルシーな食品雑貨店(America’s Healthiest Grocery StoreTM)として独自の地位を確立しています。2014年会計年度の同社の売上高は約$140億ドルで、現在はアメリカ、カナダ、イギリスに431店舗を展開しています。Whole Foods Market 社は、約91,000 人のチームメンバーを雇用しており、フォーチュン誌のアメリカで「働きたい会社ベスト100社」に18年間連続で選ばれています。さらに詳しくは、同社のウェブサイト
www.wholefoodsmarket.com/values-matter をご覧ください。

※ 当リリースは2015年10月14日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
リンク

●インフォアジャパンのソーシャルメディア:
・ インフォアジャパンのツイッター(リンク
・ インフォアジャパンのFacebook (リンク
・ インフォアジャパンのYouTube (リンク

■インフォア、インフォアジャパンについて
インフォアは、その機能を究極まで追求し、業界特化型インサイトを科学的なアプローチで分析し、優れたデザイン性の美しいアプリケーションとしてクラウドで提供しています。13,000人を超える社員が、200か所以上の国や地域のお客様を支援し、ヘルスケア業界や製造業、ファッション、卸・流通、宿泊・娯楽、小売、公共部門を含む業界のクリティカルなプロセスを自動化しています。インフォアのソフトウェアには、あらかじめ業界に特化した専門的機能が組み込まれているため、コスト高なカスタマイズの必要性はありません。インフォアが本社を置くニューヨーク市には、マンハッタン最大のクリエイティブエージェンシーのひとつであるHook & Loopがあり、アプリケーションを使うのが楽しくなるようなユーザーエクスペリエンスの開発にフォーカスしています。インフォアは、主にアマゾン・ウェブ・サービスの提供するクラウド・オープンソースプラットフォーム上でアプリケーションをクラウド提供しています。さらに詳しくはwww.infor.jpをご覧ください。
インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。
詳しくは www.infor.jpをご覧ください。

以下はインフォアの代表的なお客様の例です:
・ 航空宇宙産業上位20社のうち18社
・ 大手ハイテク企業10社のうち10社
・ 製薬会社上位10社のうち10社
・ 米国医療提供ネットワーク上位25機関のうち21機関
・ 米国最大都市20のうち18都市
・ 自動車部品サプライヤ上位20社のうち20社
・ 流通企業上位20社のうち17社
・ グローバル小売企業上位20社のうち15社
・ 醸造企業上位5社のうち4社
・ グローバル銀行上位30行のうち21行
・ 世界的ホテルブランド上位10社のうち6社
・ グローバル高級ブランド企業上位10社のうち6社

■報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパン株式会社 広報担当:藤野、福嶋、北村
TEL:03-4520-0700  E-mail:Infor.JapanInfo@infor.com

■インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、高野、福澤
TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。