logo

グループウェア利用時のSSLクライアント認証が出来る「グループウェアSSLクライアント認証パック」の発売

株式会社ムービット(東京都北区、代表取締役:谷地田 工)は、従来から発売のSSLクライアント認証機能を持つアプライアンス「Powered BLUE プライベートCA」について、自社などで既に運用中のグループウェアへSSLクライアント認証を簡単に導入出来るように、お客様の環境に合わせて事前設定を行った上で出荷する「グループウェアSSLクライアント認証パック」を発売します。

■製品の概要
今回発売の製品は、既に自社やホスティング環境で運用中のグループウエア/ウェブメール
 サイボウズ office
 デスクネッツ
 Active! mail
をご利用のユーザーが、簡単にSSLクライアン認証を導入出来るように、アプライアンス「Powered BLUE プライベートCA」の設定を事前に行った上で、ユーザーがご利用のグループウエアやネットワーク環境に合わせてプリセットした製品「グループウェアSSLクライアント認証パック」として出荷します。
 ユーザーは、自社環境に合わせてプリセットされたアプライアンスサーバー「グループウェアSSLクライアント認証パック」をVMwareやHyper-Vなどの仮想環境にインポートすることで、数分でSSLクライアント認証システムを構築出来ます。

 SSLクライアント認証でのグループウエアを利用に際しては、従来から利用のグループウエアが稼働しているサーバ側の設定を変更する必要はありません。アクセスポイントを従来からの「グループウエア」が稼動しているサーバーへのアクセスから、「グループウェアSSLクライアント認証パック」が稼働しているサーバーに変更するだけで、すぐにSSLクライアント認証によるアクセスが出来ます。アプライアンスサーバーは、GUIからの簡単な操作で自社運用出来るため、SSLクライアント証明書の発行、失効、管理などは、自社のポリシーに合わせた柔軟な運用が可能です。

これにより、従来はID/パスワード認証のみでグループウェア/ウェブメールをご利用の場合でも、社外からPCやモバイル端末などを利用しての、SSLクライアント認証による2要素認証のシステムを簡単に導入することが出来ます。
Webアクセス時にSSLクライアント認証を利用することにより、パスワードの漏えいやブルートフォースアタック(パスワード総当たり攻撃)などの、「なりすまし」による不正アクセスを防止します。

■製品の特徴
・「グループウェアSSLクライアント認証パック」の機能
マルチテナントCA
SSLクライアント証明書発行
SSLサーバー証明書発行
SSLクライアント認証

・リバースプロキシ機能
SSLクライアント認証後のリバースプロキシ機能

・インターネットサーバー機能
Mail/Web/DNS/ftp/syslogなどのインターネットサーバー機能

・プリセット出荷に対応のグループウエア&Web Mail
サイボウズ Office
デスクネッツ
Active! Mail

・プリセット内容
ユーザーの環境(グループウエア/WebMailおよびネットワーク構成)に合わせて、アプライアンスを
設定しての出荷

・対応の仮想環境
VMware / Hyper-V

・対応のクラウド環境
Amazon AWS
Apache CloudStack および Citrix CloudPlatform
( IDC フロンティア / セルフクラウド )
( NTTコミュニケーションズ / cloudn )
( GMOクラウド / ALTUS )
( KDDI / クラウドプラットフォームサービス)

・対応OS
CentOS 6.x / x86_64 (64bit)

■販売開始&価格
・販売開始 2015年11月9日

・ソフトウェアアプライアンス
製品型番 B860-VM-CA-100-Rev-Preset (プライベートCA & リバースプロキシタイプ)
販売価格 650,000円から(VMware / Hyper-V版)

・ハードウェアアプライアンス
B860-2050S-CA-Rev-Preset (プライベートCA & リバースプロキシタイプ / HDD-500GBx1 / Memory-2GB)
オープンプライス

※製品は以下のURLでご覧いただけます。

製品
リンク


記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ムービット
担当者名:谷地田 工
TEL:03-5390-3553
Email:info@mubit.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事