logo

ソーシャルメディアコンテンツ活用システム「一報システム」の提供を開始しました

株式会社共同通信イメージズ 2015年11月04日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月4日

株式会社共同通信イメージズ

共同通信イメージズ「一報システム」の提供を開始
-ニュース報道に、ソーシャルメディアの即時性・臨場感を-

 株式会社共同通信イメージズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小羽真司)は、11月4日より、マスメディア向けにソーシャルメディア上に投稿された画像や動画の活用を支援する「一報システム」の提供を開始いたしました。

サービス概要
 「一報システム」は、ソーシャルメディア上に投稿された膨大な情報から、事件・事故、災害情報等、ニュース性が高いコンテンツを素早く抽出し、マスメディア向けに提供します。また、コンテンツの利用に当たって必要になる著作権等のライツクリア手続きもオプショナルサービスとして代行します。
「一報システム」はマスメディアに対し、ソーシャルメディアコンテンツの容易な取得と、著作権等の心配をすることなく、安心してコンテンツを利用できる環境を提供します。

背景
 スマートフォンやソーシャルメディアの普及は、個人が自由に情報を発信できる環境をもたらしました。災害時などには、全世界から即座に現場の臨場感のある情報が発信されています。マスメディアもソーシャルメディアの画像や動画(コンテンツ)が持つ即時性・臨場感に注目しており、災害報道などで活用されています。また、バラエティ番組でも、個人が発信したハプニング動画を活用した番組制作を行うなど、ソーシャルメディアコンテンツの活用シーンは広がっています。一方、ソーシャルメディアコンテンツの活用には、著作権や収集コストなど課題も多く残されています。共同通信イメージズは、これらの課題に対応した新サービス「一報システム」を提供開始します。

今後の展開
 今後、取得対象ソーシャルメディアを順次拡大し、即時性のみならず、より多様な画像や動画(コンテンツ)の提供を目指します。
                                                                    


株式会社共同通信イメージズについて
 共同通信イメージズは、日本を代表する通信社である一般社団法人共同通信社のグループ会社で、画像や映像などのビジュアルコンテンツ、関連ソリューションを提供しています。

株式会社共同通信イメージズ
所在地 :〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2
              汐留メディアタワーアネックス3階
代表  :代表取締役社長 小羽 真司
事業内容:写真・映像販売事業、デジタイズ事業
     ライツクリアランス事業、写真管理事業
URL    :共同通信イメージズ リンク
       Imagelink     リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事