logo

吉田正樹事務所と業務提携 動画マーケティング事業の領域を拡大

トレンダーズ株式会社 2015年11月04日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月4日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ、吉田正樹事務所と業務提携
動画マーケティング事業の領域を拡大

「MarTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、株式会社吉田正樹事務所(所在地:東京都渋谷区、代表:吉田正樹)と動画事業における業務提携をいたしました。この提携により今後当社は、動画マーケティングの事業領域を拡大してまいります。

◆ ターゲットユーザーの「共鳴」を呼ぶ、“レゾナント”な動画マーケティングを実現

企業のプロモーション・PRにおける動画の活用が注目を集め、動画制作ニーズが高まっている一方で、制作した動画の視聴回数が伸び悩み、想定していた効果が得られないという課題を抱える企業も増えています。また、スマートデバイスとSNSの急激な普及により、動画を活用したプロモーションはSNS拡散が成否を決めるといっても過言ではありません。このような背景を踏まえ、SNSやネットメディアを活用した動画拡散に強みを持つトレンダーズは、企業のプロモーション動画の企画・制作において豊富な実績を誇る吉田正樹事務所と業務提携することで、SNSでより効果的に拡散される動画の企画・制作からPRまでをワンストップで請け負うことが可能になりました。

トレンダーズの動画マーケティング事業は取引実績が既に150社を超えており、動画が掲載されたネットメディアやSNSでのユーザーアクションを分析することで、ターゲットユーザーにより確実にリーチし、SNSで効果的に拡散されるためのノウハウを有しております。この分析データとノウハウを動画の企画・制作に活用することで、データドリブンな動画マーケティングを実現してまいります。またユーザーアクションに加え、ユーザーインサイトの分析を今後さらに強化し、吉田正樹事務所の企画力を掛け合わせることで、ターゲットユーザーへのリーチや拡散のみならず、共感が響き合う「共鳴」を呼ぶ=“レゾナント”な動画制作を目指します。


■株式会社吉田正樹事務所について
フジテレビで『夢で逢えたら』『笑う犬の生活-YARANEVA!』など、数々のヒット番組を企画制作してきた吉田正樹氏が2009年1月に設立。“TVもわかる”クリエイティブカンパニーとして、WEBを中心としたプロデュースや映像制作、インバウンドに強いYouTuberやタレントマネジメントを手がけている。プロデューサー・放送作家・クリエイターを擁しており、“ネット動画”のスペシャリスト集団でもある。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事