logo

ホットリンク、クチコミ@係長の話題内容分析を強化

ホットリンク 2015年11月04日 13時00分
From PR TIMES

~リアルタイムの傾向把握で PDCAサイクルの高速化をアシスト~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下ホットリンク)は、ソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長シリーズ」の話題内容分析機能を強化したことを発表します。



今回追加した機能は主に2つで、書き込み全体における話題の割合や、係り受けランキングをリアルタイムに表示させることで、PDCAサイクルの高速化をアシストすることを目的としています。
ホットリンクでは、今後も新機能を継続的にリリースし、ソーシャル・ビッグデータ活用促進を支援してまいります。

【リアルタイムに話題内容が把握できる、2つの機能】
■成分マップの強化

これまでクチコミ@係長では、話題の内容を名詞で分類して表示していましたが、今回の機能強化により、書き込み全体における話題内容を分類したうえでその割合をリアルタイムに表示します。

指定したキーワードに対して、今、どのような内容がどの程度書き込まれているか、リアルタイムに全体の傾向を
把握することが可能です。
[画像: リンク ]

【図:成分マップ例(コーラ)】

■係り受けランキングの新規追加

指定したキーワードの関連語ランキングだけでは、話題内容の詳細を把握することは困難です。
これまで、独自の分析ロジックにより文章の係り受け解析を行い、「良い・普通・悪い」の評判判定を記事単位で行っていましたが、今回さらに係り受けをランキング形式でリアルタイムに表示。書き込みについて「何が」「どのように」良いのか、悪いのかといった主旨を把握することが可能になります。

※係り受けとは、文章中の複数の文節が関連しあって意味を成している場合、前の文節が後の文節に「係る」といい、後ろの文節が前の文節を「受ける」といいます。

■新しくなったクチコミ@係長のデモアカウントお試しキャンペーン実施中!

新しくなったクチコミ@係長を試してみませんか?
いまなら2週間使い放題の、デモアカウントを無料で配布しています!
生まれ変わった新しいクチコミ@係長、その速さや使いやすさをぜひこの機会にご体感ください!

■■■お申込みはこちらから■■■
リンク

【クチコミ@係長について】

「クチコミ@係長」シリーズは、導入社数累計900社を超えるお客様にご利用いただいているソーシャルメディアの分析ASPツールです。 Twitter・ブログ・掲示板などソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報、総数約590億件(※2015年8月17日現在)を、リアルタイムに収集・分析することが可能です。 ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。また、「クチコミ@係長」の国内最大規模のソーシャルメディア・データベースや感情/属性分析エンジンはAPI方式で提供しています。

リンク

■株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測など、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

またこれまで、大量のソーシャル・ビッグデータからリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び、風評をモニタリングする「e-mining」を現在まで累計1900 社以上に提供してまいりました。同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。さらに2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
1.マーケティング分野での浸透
2.多様な産業への展開及びデータ流通プレイヤーの地位確立
3.海外展開

の3つです。

設立日:2000年06月26日
資本金:557百万円(2015年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。