logo

マクニカ、「Mpression IoT PoC(Proof of Concept)」をET/IoT Technology 2015 に出展

世界各地13拠点のセンシング端末から収集した環境データの可視化デモを実施

半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ (神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ)は、このたび、11月18日(水)から20日(金)にパシフィコ横浜にて開催される 「IoT Technology 2015/IoT総合技術展」(同時開催:Embedded Technology 2015/組込み総合技術展)に出展します。



マクニカブースでは、マクニカの技術ブランド “Mpression(エムプレッション)” が従来提供するFPGAソリューションに加え、「Mpression によるIoTの PoC(Proof of Concept:概念実証)」をテーマに、IoT システムを構成する上で必要とされる各要素技術を「組込み、セキュリティおよびICT技術」の組み合わせで展示します。
IoTシステムは、「センシングデータの収集、データプロセッシング、無線によるデータ転送、クラウド環境でのデータストレージ、セキュリティの担保、ビッグデータ分析、可視化」など多くの要素技術が必要とされます。技術商社であるマクニカは「半導体事業とネットワーク事業」の双方で培った技術知見の組み合わせにより、IoT システムで必要とされるあらゆる階層の要素技術を「Mpression IoT PoC」 として展示します。ブースでは、IoT システムの要素技術を基にしたデータ・プロセスの流れに沿ってご紹介しますので、IoT システムを開発・導入する際のソリューションとしてご検討いただけます。

また、 IoT トラックカンファレンスでは、昨今課題とされている「IoTシステムにおけるセキュリティ」をテーマとした講演を行います。IoT の組込み設計において押さえるべきセキュリティ要件をまとめ、その「具体的な対策と手法」について事例を用いてご紹介します。
「IoT エンベデッド・システムにおけるセキュリティ要件と対策手法」
・日時:11月20日(金) 16:00 – 16:45
・場所:アネックスホール2階 [F205]
・詳 細 : リンク
※事前登録制(ET/IoT総合技術展公式サイトよりお申込み下さい)

< マクニカブース出展概要 > 「Mpression IoT PoC」を構成する3つのゾーン
[画像: リンク ]

1.【センシング・ゲートウェイゾーン】 センサからデータを取得し、 ゲートウェイまで無線通信を実施
当ゾーンは、 以下3つのコーナーでご紹介します。
・ センシング・デバイス / ゲートウェイ
現在、 様々なセンサ、 無線通信規格があり、 実現したいコトに合わせてセンサ端末とゲートウェイを選択する必要があります。 最近では、 IoT センサ端末およびゲートウェイとしてスマートフォンを手軽に活用できるようになりました。 また、 IoT 組込み用途として使用できる端末やゲートウェイも多数あります。当コーナーでは、 当社で取り扱う最先端のデバイス製品群、 および容易にラピッドプロトタイピングを可能にするマクニカ“Mpression”製の各種モジュール、 キットおよびゲートウェイを中心にご紹介します。
-センサ : 加速度、 大気圧、 温湿度、 ひずみ、 照度・UV、 脈波、 3Dジェスチャ 等
-無線通信規格 : Wi-Fi、 Bluetooth、 Dust Networks、 2G/3G/LTE 等

・ スマートライフ <IoTデバイス・ユーザー事例:センシング・ゲートウェイへのMpression活用事例>
当コーナーでご紹介するIoTデバイスのユーザー事例は、 オープンイノベーションとラピッドプロトタイピングによるモノづくりとして “Mpression”製のセンサモジュールやキットが活用され、 非常に短期間で開発されています。 これら事例は、 新たなモノづくりを支援するマクニカ“Mpression”のサービスの一例です。
[スマート家電]
コミュニケーション・ロボット、 コーヒーメーカー、 LEDライト、 スマートロック、 光枡、 扇風機 等
[ウェアラブル]
くしゃみカウンター、 スマートおもちゃ、 各種センサー開発キット 等

・ 車載・産業機器
今後、 車載・産業機器でもセンサデバイスから収集した環境情報をビッグデータとして活用するビジネスが本格化しようとしています。 当コーナーでは、 “Mpression 技術ソリューション”で提供しているFPGAを使った高速ビデオデータ転送や車載Ethernetなどの事例を中心に展示し、 さらにこれらの機器において センサを含むIoT技術の車載・産業機器での活用例についてもご紹介します。

2.【セキュリティ・ネットワークゾーン】 IoTシステム構築におけるセキュリティ、 ネットワーキング
昨今、 多くのICTサービスがクラウドで提供されています。 当ゾーンでは、 IoTシステムで必要とされるセキュリティを中心に、 データ転送、 ストレージ、 ネットワークおよびアルゴリズムの高速化ソリューションをご紹介します。 また、IoT トラックカンファレンスにおいて「IoT エンベデッド・システムにおけるセキュリティ要件と対策手法」と題した講演を行います。<トラックNo. IoT-13>日時:11月20日(金)16:00 – 16:45 (事前登録制)

3.【モニタリング(可視化)ゾーン】
当ゾーンでは、 マクニカが提供する可視化プラットフォームを活用した「世界各地のセンシング端末から収集してきた環境データを可視化するデモ」を実施します。
会期中、 マクニカの世界各地13拠点:北米、 ブラジル、 ドイツ、 中国、 香港、 台湾、 シンガポール、 日本(福岡、 大阪、 名古屋、 新宿、 宇都宮、 横浜)に置かれたセンサ端末で様々な環境データを計測し、 無線ネットワークで収集したデータを可視化、 モニタリングします。

< IoT 総合技術展/組込み総合技術展 のご案内 >
・公式サイト : リンク
・会 期 : 2015年 11月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00※ ※19日(木)は18:00まで
・会 場 : パシフィコ横浜 マクニカ・ブースNo. A-16
・詳 細 : リンク

< IoT トラック : IoT-13 > 事前登録制
・タイトル:「IoT エンベデッド・システムにおけるセキュリティ要件と対策手法」
・日時:11月20日(金) 16:00 – 16:45
・場所:アネックスホール2階 [F205]
・詳 細 : リンク
※事前登録制(ET/IoT総合技術展公式サイトよりお申込み下さい)
 リンク

< ET フェスタ ! > 同会期中 11月19日(木)17:00 から開催
ET フェスタでは、マクニカ本社がある横浜が誇る自慢のビール「横浜ビール」とマクニカの世界各地のオフィスがある場所にちなんだその土地の銘酒をおいしいおつまみと共にご提供する予定です。IoTや組込みのこれからについて語らう良い機会ですので、ぜひお気軽にマクニカブースにお立ち寄りください。

■マクニカについて
マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクス及び情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト(リンク)をご覧ください。

■Mpressionについて
「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。グループ各社の経験豊富な技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションとして、お客様の導入の期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、中国、アジア、欧米など、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト(リンク)をご覧ください。

※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標また登録商標です。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社マクニカ  
イノベーション推進統括部 マーコム戦略推進室:江川 / 熊倉
経営管理部 広報企画課 宮原
電話:045-470-8977 FAX:045-470-8955
メールアドレス:macpr@macnica.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。