logo

アルテラ、Quartus Prime 開発ソフトウェアを発表 ~デザイン性能と生産性におけるリーダーシップをさらに強化 ~

日本アルテラ株式会社 2015年11月04日 10時00分
From PR TIMES

Quartus Prime 開発ソフトウェアにより、新世代プログラマブル・デバイスのシリコン性能と広範なリソースの効率的な利用が可能に

 プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:和島正幸、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ) は、米国時間 11 月 2 日、新世代プログラマブル・ロジック・デバイスの設計生産性に新時代を告げる Quartus(R) Prime 開発ソフトウェアを発表いたしました。

 アルテラの新しいソフトウェア環境は、実績があり、かつ使いやすさで定評のある Quartus II 開発ソフトウェアをベースにしながら、生産性向上に主眼を置いた新しい Spectra-Q™ エンジンを統合しています。新しい Quartus Prime 開発ソフトウェアは、デザインのイタレーション削減、業界最短のコンパイル時間、およびシリコン性能を加速化し、FPGA および SoC FPGA デザイン・プロセスを向上させるべく最適化されています。


 アルテラのソフトウェアおよび IP マーケティング担当シニア・ディレクターの Alex Grbic は、「当社のソフトウェア・ツールは、最高レベルの性能と生産性を提供することで業界に広く知られています。Quartus Prime 開発ソフトウェアは、数十年に及ぶソフトウェア・イノベーションを基礎にして、プログラマブル・ロジック・デバイスの性能と生産性を新たなレベルに引き上げることにより、アルテラのリーダーシップをさらに強化するものです」と述べています。


 Quartus Prime 開発ソフトウェアは、フロントエンドには従来の Quartus II ソフトウェアと同じ使いやすいユーザー・インタフェースを搭載しています。一方、バックエンドには Spectra-Q エンジンが追加され、より高速でスケーラブルな最新アルゴリズムにより、コンパイル時間の大幅な短縮とデザイン性能の向上を実現しています。また、Spectra-Q エンジンはIP ブロックの配置配線の保存に階層型データベースを搭載しており、それによってデザインの安定確保と同時に、不要なタイミング・クロージャ作業の排除とコンパイル時間の短縮を図っています。Spectra-Q エンジンの詳細は www.altera.co.jp/spectraq をご覧ください。


 Quartus Prime 開発ソフトウェアは、早期アクセス・プログラムに参加したユーザーの協力の下、複数の Arria(R) 10 デザインにおいて、デザイン性能と設計生産性の大幅な向上が実証されています。Quartus Prime 開発ソフトウェア・バージョン 15.1 のリリースにより、Arria 10 FPGAを使用して設計を行うユーザーに、以下の利点をもたらします。

・新しい ハイブリッド配置および グローバル配線アルゴリズムにより、従来のソフトウェア・バージョンと比較して、平均で 1 スピード・グレード分の高速化を実現

・新しい BluePrint Platform Designer により、IO デザインが最大 10 倍高速化

・新しくなったRapid recompile機能により、コンパイル時間が最大 1/4 に短縮

・SystemVerilog-2005 や VHDL-2008 などのハードウェア記述言語サポートの強化


Quartus Prime 開発ソフトウェア・バージョン 15.1 に関するその他の詳細は、www.altera.co.jp/whatsnew 
をご覧ください。


Quartus Prime 開発ソフトウェアのライセンス・モデル
 Quartus Prime 開発ソフトウェアは、お客様のデザイン要件に応じて 3 種類のエディションで提供されます。Quartus Prime プロ・エディションは、アルテラの最新の高性能 FPGA および SoC FPGA をサポートする最新の性能/生産性向上ツールです。Quartus Prime スタンダード・エディションはアルテラの新しい製品カテゴリのデバイスをサポートし、Quartus Prime ライト・エディションはアルテラの多量産デバイス・ファミリをサポートします。プロおよびスタンダード・エディションは年間ソフトウェア・ライセンスが必要ですが、ライト・エディションは無償ダウンロードとしてライセンス・ファイル不要で利用可能です。

アルテラの広範な IP エコシステムの利用
 Quartus Prime 開発ソフトウェアにより、ユーザーはアルテラの広範な IP (Intellectual Property) コア・ポートフォリオを利用することが可能です。最新ソフトウェア・リリースでの主な新規機能および拡張機能として、4つの新しい順方向誤り訂正 (FEC) DSP コア、低レイテンシ 10G イーサネット MAC および 1G/2.5G/10G マルチレート・イーサネット PHY の新しい 2.5G 動的レート変更オプション、外部メモリ・インタフェース IP のユーザビリティ機能の向上が挙げられます。また、動的に生成され、コンフィギュレーション可能な新しいハードウェア・デザイン例も含まれています。これにより、ユーザーは IP を迅速にリクエストしてハードウェア上で評価することが可能になり、設計生産性がさらに向上します。アルテラの IP ソリューションの詳細は、「IP の新機能」ウェブ・ページをご覧ください。

価格と出荷時期
 Quartus Prime 開発ソフトウェアはアルテラ・ウェブサイトにてダウンロード提供中です。Quartus Prime プロおよびスタンダード・エディションには、ModelSim(R)-Altera Starter Edition ソフトウェアのほか、IP Base Suite のフルライセンスが付属しています。ノード・ロック PC ライセンスの年間ソフトウェア・ライセンスは、アルテラの eStore から 2,995 ドルで購入できます。

アルテラ・コーポレーションについて
 アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983 年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。FPGA、SoC、CPLD、ASIC および電源をはじめとする関連技術を提供し、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジ・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価されています。

ALTERA、ARRIA、CYCLONE、ENPIRION、MAX、MEGACORE、NIOS、QUARTUS、STRATIX の製品名ならびにロゴは、アルテラ・コーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。商標またはサービス・マークとして記載されている製品名ならびにロゴはすべて、Legal Notice に記載されているとおり、各所有企業に帰属します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。