logo

「地球の歩き方」が展開する訪日外国人向けアプリメディア「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」に【中国語簡体字】が追加!!

株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 2015年11月02日 18時04分
From PR TIMES

2015年の訪日外客数、9月末時点で過去最高だった2014年の年計を突破(※1)!!中国大陸からの旅行者が牽引!

訪日外国人向けフリーマガジン「GOOD LUCK TRIP」を発行する株式会社ダイヤモンド・ビッグ社と、インターネット広告代理店ブリンガー・ジャパン株式会社は、訪日外国人に日本の観光スポットや文化、人気商品などの情報を発信するアプリ版のメディア「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」(以下、本メディア)の対応言語に、2015年10月31日(土)から「中国語簡体字」を追加、中国大陸からの旅行者にも積極的に展開をはじめます。
※1: 日本政府観光局(JNTO)発表



▼「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」(言語設定:中国語簡体字)

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



▼「GOOD LUCK TRIP」本誌(2015年度は、国内10エリアで展開中)

[画像3: リンク ]

■ 本メディアの概略
訪日外客数は2015年1~9月までの累計で1,448万人に達し、
年計として過去最高だった2014年(1,341万人)を既に上回りました(※1)。
2015年の年計では1,900万人を突破することが見込まれています。

その訪日旅行者の情報収集のニーズに対応する本メディアは、Android版とiOS版にて、
それぞれ中国語繁体字(台湾、香港などに対応)と英語の2言語で展開してきました。
2014年4月の公開開始から、掲載コンテンツ数は延べ830以上になりました。
特に中国語繁体字圏のユーザーから支持され(※2)、累計で約15万ダウンロード、
月間PV約80万に達しています。(2015年10月末現在。PVはミラーサイトのWeb版を含む)
※2: 国別のダウンロード数では、約63%が台湾、約24%が香港。

■ <新機能1.>対応言語に【中国語簡体字】を追加
2015年の大幅な訪日外客数の増加を牽引している国は中国です。1~9月の累計では
384万人(前年比、114.5%増)に達し、2位の韓国(286万人。前年比43.1%増)、
3位の台湾(277万人。前年比30.7%増)を大きく引き離しています(※1)。

今後、このマーケットに対応するため、本メディアは2015年10月31日(土)から、
対応言語に【中国語簡体字】を追加。初期は約50コンテンツからスタートし、随時、
追加していきます。また、プロモーションにおいても、本メディアの運営によって
蓄積した独自の知見を活用し、ダウンロード数、PV数を増やしていきます。

■<新機能2.>「為替計算」機能を追加
家電量販店や商業施設などでの訪日外国人の旺盛な購買意欲が話題となっています。
円安や、免税対応店の広がりも購買を後押しし、訪日外国人1人当たりの“買物代”は
前年比42.4%増の75,535円(※3)となるなど、ショッピングツーリズムのマーケットも
広がっています。 ※3:観光庁 訪日外国人消費動向調査 平成27年7-9月期

このような背景から、本メディアのユーザーも、記事で商品を知り、さらに、
その商品が自国の通貨でどのぐらいの価格になるかを確認したいというニーズがあると想定できます。
そこで、本メディアに、「為替計算」機能を追加。記事閲覧から購買までを、
より円滑に促すことを目的としています。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



■「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」 詳細

1.アプリの名称
「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」
[画像6: リンク ]



2.配信開始日
Android版:2014年4月25日(金)、
iOS版:2014年12月17日(水)

3.対象端末
Android2.3.3以上、iOS7.0以上

4.対応言語
中国語繁体字(台湾、香港に対応)、
英語、中国語簡体字(中国に対応)

5.料金
無料

6.ダウンロード方法
Google Play、App Storeなどからダウンロード。
または、オリジナルのダウンロードページ(下記QRコードより)をお使いください。
[画像7: リンク ]



7.ミラーサイトURL
上から、中国語繁体字、英語、中国語簡体字(中国語簡体字は11月初旬公開予定)
リンク
リンク
リンク

8.その他
スマートフォンで使用されている言語によって、「中国語繁体字」「英語」「中国語簡体字」の
いずれか適切な言語を表示します。
(どれにも当てはまらない場合は、英語を表示。日本のみ、例外で中国語繁体字を表示。)
また、言語の切り替えは、画面右からのスライドで表示される領域から実行できます。

[画像8: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事