logo

2015年11月1日リリース「FAAVO美濃國(みののくに)」において、失われた名刀『蛍丸』復元プロジェクトが開始24時間で2,500万円超を集め、支援受付中

株式会社サーチフィールド 2015年11月02日 12時00分
From ValuePress!

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林琢磨)が運営する、地域×クラウドファンディング「FAAVO」において、展開45エリア目である「FAAVO美濃國」内で支援受付中のプロジェクト『蛍丸伝説をもう一度!大太刀復元奉納プロジェクト始動!』が、開始5時間で目標金額550万円を達成、さらに開始24時間現在(11/2 12:00)において、目標金額の450%以上にあたる2,500万円超のファンディングに成功しています。

FAAVO美濃國:『蛍丸伝説をもう一度!大太刀復元奉納プロジェクト始動!』
リンク
関連リンク:地域×クラウドファンディング「FAAVO」
リンク

■このプロジェクトについて
このプロジェクトは、現存する資料を元に岐阜県関市周辺の職人たちの手により名刀として名高い「大太刀 蛍丸」の写しを制作し、阿蘇神社へ奉納するプロジェクトです。
蛍丸は建武3年(1336年)3月多々良浜の戦いで、阿蘇市十代当主阿蘇惟澄が敗戦濃厚となる中の奮戦を支えた大太刀です。命からがら自陣に帰り着き眠りに落ちたところ、ささらのごとく無数に刃こぼれしていた大太刀に、無数の蛍が現れ止まり、光に包まれるという夢を見、翌朝に目を覚めしてみると刃こぼれ一つない美しい姿になっていたという伝説が残っています。
今回のプロジェクトでは、ソーシャルネットワークサービス上で、支援者一人ひとりがその「蛍」になろう、という呼びかけも多く見られ、現在多くの支援が集まっています。

■蛍丸制作スケジュールについて
刀身制作          平成28年2月中旬~8月
阿蘇神社奉納鍛錬      2月27日(28日)
関伝承館奉納鍛錬      3月13日
阿蘇神社奉納焼き入れ    8月上旬
下地研ぎ          7月~9月
樋かき、彫刻、ハバキ制作等 8月~10月
鞘制作           10月~11月
仕上げ研ぎ         12月~2月
銘切、完成予定      平成29年3月
阿蘇神社完成奉告祭     4~5月頃

■クラウドファンディングとは
群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を組み合わせた造語で、アイディアを実現するたに必要な資金を、そのアイディアに共感した不特定多数の人々からインターネットを通じて集める仕組みの事です。

■「地域特化型」クラウドファンディング“FAAVO”とは?
FAAVOは「地域・地方」に特化したクラウドファンディングのプラットフォーム。最大の特徴は現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、エリア別でサイトを運営している事。2012年6月にスタートし、昨日リリースした「FAAVO美濃國」を含め、現在、全国45エリアで展開しています。

■ 今後の展開
「FAAVO」は数あるクラウドファンディングサイトの中でも各エリアに特化したプロジェクトの資金調達をすることができるプラットフォームです。今後は『地域の「らしさ」を誰もが楽しめる社会をつくる』をテーマとするFAAVO(運営:株式会社サーチフィールド)と運営委託先の美濃加茂市・関市・各務原市が協力しあい、地域のビジネス活性化や、自然や文化を守るプロジェクトを継続的に展開していく予定です。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社サーチフィールド
担当者名:齋藤隆太
TEL:03-5856-6374
Email:pr@searchfield.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。