logo

Aptos社が日本向けに独創的でローカルな小売サポートを拡張

JCN 2015年11月02日 09時10分
From JCN Newswire


ATLANTA, Nov 2, 2015 - ( JCN Newswire ) - Aptos, Inc.(前Epicor Retail Solutions)は今日、その小売技術ソリューションにより、小売店の「国内外」グローバル化イニシアチブをサポートするための必須機能となる独自の日本向けローカライゼーションを提供すると発表しました。

Aptos社はまた、CyberMグループが保有する子会社CyberM情報技術株式会社との提携拡張により、日本のAptosの顧客に海外小売サービス及びサポートを提供するとも発表しました。Aptos社と提携して3年になるCyberMは、現在Aptos社の小売技術ソリューションを再販し、国内導入を実施、中国、香港、マカオ、シンガポールを含めたアジア太平洋地域内で小売サポートを提供しています。

マイケル・コースは、Aptos社のソリューションを使用するAPACの小売店として知られています。日本の国内サポートへの新たな追加で、CyberMとの提携を通じ、アジア太平洋地域及び日本のAptosの顧客は、Aptos社の最先端ソフトウェアと小売サポートを活用できるようになりました。日本の市場は、小売店にとり貴重な機会を提供します。一億二千七百万の顧客を持つ世界第二の小売市場である日本は、全アジアにおける小売市場の55%以上を占めています。

Aptos社は、地域別翻訳、通貨条件、会計条件、その他の各国独自の条件、国毎の証明書、並びに新たな国々と翻訳に対応するためのプロセスを提供するグローバル主要環境設定を通じ、現在世界25カ国へ小売ソリューションとサポートをお届けしています。

Aptos社はまた、小売店に以下のサービスを提供する国際維持サービス(IUS)を通じ、世界中の顧客に総合的な小売ソフトウェアサポートをお届けしています。

- 新規の国々に参入するための指導的発言者とのフレームワーク
- 新規にサポートする国の条件を明確にするための協力
- 国のコンプライアンスを維持するための各国の監査の継続
- 変遷する各国の条件に対応するためのメインソフトウェアの更新

Aptos社の最高経営責任者ノエル・ゴッギンは、「CyberMとの提携の拡張及び活用により、Aptos社は、当社の顧客にとり大きな成長の可能性を備えた市場である日本における総合的な小売サポートを支援します。当社の目標は、拡張並びに、地域の小売業者の成長基盤に対し最高水準のサービスの価値とクオリティをお届けすることです」と語りました。

CyberMの最高経営責任者ダンカン・ラオは、「CyberMは既に、アジア太平洋地域で当社がお世話しているAptos社の顧客の有力なリストを持っています」と語りました。「日本における新規の開設は、当社にとり重要な市場の勢いを意味するものであり、APACにおけるAptos社の顧客へのサポートのためのグローバルな焦点の更なる拡張となります。」

Aptos社の「顧客への異なる対応」について

バーチャルに選択が無限の時代では、競争力のある優位性を維持できるのは、顧客への異なる対応をする小売店のみです。それは、顧客が誰であるか、何を求めているか、なぜ買うのかを真に理解することです。Aptos社においては、当社も顧客への異なる対応が成功への道と信じています。当社は、小売業界の最も総合的なオムニチャネル・ソリューションにより顧客の需要を満たし、また具体的な価値と信頼の上に長期の関係を築くために、それぞれの顧客に対する理解を深めるよう努力しています。500を超える小売ブランドが、いつでも、どこでも、どのように購入されても、パーソナルで、手応えがあり、スムースな体験を、お客様一人一人にお届けするために、当社のSingular Commerceプラットフォームを利用しています。詳しくは、www.aptos.comをご覧ください。

お問い合わせ:
エリン・ルッツ(Erin Lutz)
Aptos広報担当Lutz PR
+1-949-293-1055
erin@lutzpr.com

CyberM Japan
+ 81 5058466351
enquiry@cyberm.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。