logo

世界初の金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」発売

石川金網株式会社 2015年11月02日 06時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月7日

石川金網株式会社

世界初の金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」発売

 石川金網株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役:石川幸男)は、2015年12月7日より、世界で初めて金網で折る折り紙、金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」を発売します。

 「おりあみ/ORIAMI」は、布のようなしなやかな金網を使い、紙で作る折り紙と同様に製作可能です。金属の持つ剛性と極細線の特徴により紙を使用した時とくらべ、しっかりと形状を保ちます。小物入れ、整理箱などの文具としても使用できます。金属で出来た折り紙は、半永久的に折り紙として鑑賞できます。

 私たちは1922年の創業から90年以上、金網の製造・販売を行ってまいりました。長年培った金網に関する知識により、時代に合わせた製品づくりを推進してまいりました。

  本製品「おりあみ/ORIAMI」は、従来は工業用途としてフィルターなどに用いられていた金網を使用した文具やホビー用品の開発中に誕生しました。熟練職人の遊び心から誕生した商品です。
 金網は、線と線で織り上げた織物です。線の細いものは髪の毛よりも細い20ミクロンの線もあります。織り方も、平織、綾織、畳織など繊維と同じく多様な織り方があります。材質もステンレス、銅、真鍮、アルミニウム、チタニウムなど多様な材質があります。これらの織り方、材質、線の太さを考慮し数十種類の金網折り紙を作りました。
 熟練職人の遊び心で作った折り鶴が見事な出来栄えで、作品を見た人たちが皆作りたがりました。しかし、金網は金属で出来ているため剛性と鋭利性を持っており、そのまま使用するとけがをする恐れがあり、プロの職人でなければ折り紙としては折りづらいことが解りました。
 試行錯誤の上、東京都荒川区で開催された荒川産業展で、比較的折りやすそうな金網で折った折り紙を展示し、モニター販売したところ大変好評でした。子ども達からも壊れないからよいと言われました。
さらに、個人の方にも安心して金網折紙が作れるよう折紙アーティスト、宮本眞理子先生の指導を受けブラシュアップし、日本折紙協会が監修し今回発売に至りました。
 折りあがった時の重厚感、金網の持つ繊細さ、今まで体験したことのない素材にぜひ触れてみてください。

※金網は、線と線で織り上げた織物です。線の細いものは、髪の毛よりも細い20ミクロンのものもあります。織り方も、平織・綾織・畳織など繊維と同じく多様な織り方があります。材質もステンレス・銅・真鍮・アルミニウム・チタニウムなど多様な材質があります。

 金網で作る折り紙は金網の重厚感や保存性を高く評価されました。日本の伝統を生かした製品として、日本のみならず世界へも販売予定です。

・金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」は、日本折紙協会監修商品です。
・荒川区MACCプロジェクト、モノづくり新商品「MACC商品」として認定されています。
・折り紙アーティスト「ORIART」宮本眞理子氏による技術指導を受けています。

■概要

[製品名]  金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」
リンク

[サイズ] 150 x 150 mm
[材質] Bronze (丹銅)
[希望小売価格]  3枚セット 1,000円(税別)

[サイズ] 180 x 180 mm
[材質] Bronze (丹銅)
[希望小売価格]   3枚セット 1,200円(税別)

[販売について]  下記にて販売いたします。

「石川金網」URL:  リンク
「日本折紙協会」URL:  リンク
「東京折紙ミュージアム」売店

「金網折り紙」Facebookページリンク

「金網折り紙」Twitterページ リンク

「origami kanaami」YouTubeページリンク

※「おりあみ/ORIAMI」は商標登録出願中です。
※「おりあみ/ORIAMI」WEBショップでは、「おりあみ/ORIAMI」を使用した,宮本眞理子氏製作「ORIART」も販売します。宮本氏の展開する華麗かつ巧みな作品をどうぞご期待ください。

 映画・TVプログラム・紙面づくりの撮影用小道具として、またイベントでの使用等、製品の貸し出し、プレゼント企画につきましても、お気軽にお声掛けください。

[一般お客様お問い合わせ先]  
担当:増尾 / 柳田 / 作間 Email:info@ishikawa-kanaami.com
住所:東京都荒川区荒川5丁目2番6号
Tel : 03-3807-9761  Fax : 03-3807-9764



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。