logo

俳優の山本耕史さんが石田三成公の第415回忌法要に参加

滋賀県 2015年11月01日 14時17分
From 共同通信PRワイヤー

2015/11/1

滋賀県広報課

来年のNHK大河ドラマ「真田丸」の成功祈願
俳優の山本耕史さんが石田三成公の第415回忌法要に参加
11月1日(日)石田一族供養塔(長浜市石田町)にて

来年のNHK大河ドラマ「真田丸」で石田三成公を演じる山本耕史さんが成功祈願のため、八幡神社(滋賀県長浜市石田町)に隣接する石田一族供養塔において、11月1日(日)に営まれた「石田三成公第415回忌法要」に参加されました。

石田三成公の生誕地である滋賀県長浜市石田町では、毎年11月の第1日曜日を命日と定め「石田三成祭」を開催しています。今年も地元住民でつくる石田三成公事蹟顕彰会による法要が町内の供養塔前で営まれ、豊臣方の戦国武将として知られる三成公を演じる山本耕史さんも参加、その子孫や関係者らとともに手を合わされ、悲運の武将を供養しドラマの成功を祈願されました。

<山本耕史さんのコメント>
 本日、第415回忌法要に参列する機会を得て、『心を込めて、三成公を演じさせていただきます!』と、その御魂にご挨拶させていただくことができました。

 近江の国は、歴史の宝庫。数々の歴史上の人物を輩出してきた地域にあって、石田三成公に対するひとかたならぬ想いの熱さ、深さを今日改めて実感することができました。最近は歴史を題材にしたゲームの世界では、石田三成公と真田幸村公は人気を二分し、特に三成公を敬愛する気持ちは、並々ならぬものがあると聞きます。大河ドラマ「真田丸」の主人公と人気を争う登場人物をどう演じるか、今から楽しみでなりません。

 実は、昨日39回目の誕生日を迎えました。くしくも、40歳で天下分け目の勝負に挑まれた三成公の人生を、ほぼ同じ年齢を迎えた私が、体験させていただくことになります。演じさせていただく限りは、全国の石田三成公ファンの皆さまから、「石田三成公といえば、山本耕史だね」と記憶に刻んでいただけるよう、精進して撮影に挑みたいと存じます。



<「石田三成公第415回忌法要」の概要>

【日 時】
平成27年11月1日(日)10時30分~11時30分

【場 所】
石田一族供養塔
滋賀県長浜市石田町(八幡神社隣) 

【内 容】
三成公の逸話「三献(さんけん)の茶」にちなみ、お茶のお供え
僧侶による読経の中、「真田丸」で三成公を演じる山本耕史さん、子孫や関係者による焼香など

【備 考】
この法要は同日に開催される「石田三成祭2015」において営まれました。
「石田三成祭」とは、京都の六条河原にて斬首された悲運の武将として知られる石田三成の生誕地、長浜市石田町内にある石田会館周辺にて毎年開催されています。
例年、ステージイベントや記念講演会などが行われ、戦国ブームにより、近年では全国から三成ファンが集まるイベントとしても知られています。

【問い合わせ】
長浜市観光振興課 電話:0749-65-6521



QOL滋賀について
滋賀県広報課では、今年度のPRキーワードとして「QOL滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げました。
滋賀県が有する琵琶湖を中心とする豊かな自然や歴史などの観光資源、「近江米」「近江牛」などに代表される高品質な食材や食文化、さらには全国に誇る「住みやすさ」など、滋賀の魅力を全国の皆さんに共感いただける広報活動を行っています。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。