logo

創価大学が立川グランドホテルと連携して「幸せ☆おすそわけプロジェクト」を開始 -- 日本の食品ロス削減を通じた途上国への食料支援

創価大学 2015年10月31日 08時05分
From Digital PR Platform


創価大学(東京都八王子市)経済学部の西浦ゼミナール(以下、西浦ゼミ)は、国際ホテルグループ・立川グランドホテル(東京都立川市)の協力のもと、日本の食品ロス削減と途上国の食料事情改善を達成する画期的なドギーバッグ「おすそわけBOX」を発案。11月1日から同ホテルで導入し、「幸せ☆おすそわけプロジェクト」を開始する。これは、ホテルなどの飲食店で、途上国の子どもたちが描いた絵を使用したドギーバッグ「おすわけBOX」を使用し、顧客の家族には料理を、途上国の子どもたちには食料支援に繋がるデザイン料を「おすそわけ」するもの。日本の食品ロス削減と、途上国の食料事情の改善を達成することを目的としている。


◆プロジェクトの特徴
 「幸せ☆おすそわけプロジェクト」は、途上国の子どもたちが描いた絵を用いて製作したドギーバッグ「おすそわけBOX」をホテルなどの飲食店で使用し、残った料理を持ち帰ってもらうプロジェクト。ドギーバッグとは、飲食店などで外食する際に食べきれなかった料理を持ち帰るための容器のこと。そこで得られた収益から、「おすそわけBOX」一個当たり12円を、途上国のNGOなどの協力団体を通じて送金する。途上国では子ども一人の一日分の給食費は12円と言われている。日本の食品ロス(廃棄される可食分のこと)を減らしながら、途上国の食糧事情を改善するという一石二鳥の取り組みである。

 立川グランドホテルでは、2009年から既にドギーバッグを導入しており、主に立食パーティで利用されている。衛生基準をクリアした料理だけをホテルのスタッフがバッグに詰め、顧客に持ち帰ってもらっている。
 導入当初(2009年度)は年間2,000個以上のバッグが利用されていたが、ドギーバッグの利用のさらなる推進と、顧客満足度を向上させるため、西浦ゼミのプロジェクトに賛同し、「おすそわけBOX」を導入することになった。これにより、朝食1,000食分と昼食1,000食分の資金が途上国に送られる。

◆今後の予定
 今後西浦ゼミでは、導入店舗の拡大を行いながら周知活動に力を入れていく予定。11月7日(土)・8日(日)に国営昭和記念公園で開催される「たちかわ楽市」では、立川市と協力して市民への「もったいない(※1)」意識の啓発活動に取り組む。パネル展示を通して食品ロスの現状を参加者に知ってもらい、ロス削減の方法の一つとしてドギーバッグの紹介をする。さらに、おすそわけBOXやドギーバッグ普及委員会が作成しているドギーバッグの実物展示を行う。このイベントは毎年開催されており、2日間で8万人の来場者が見込まれる。
 また、長期的に「幸せ☆おすそわけプロジェクト」を継続させるため、全国の学生団体との協力体制の構築に取り組む。さまざまなステークホルダーが関わる食品ロス問題を学生の視点でとらえながら、プロジェクトを推進していく。

(参考)
●西浦ゼミウェブサイト
 リンク

(※1)「もったいない」
 「もったいない(MOTTAINAI)」という言葉は、2004年に環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞された、ケニアのワンガリ・マータイ博士により世界に広く紹介された言葉である。

●立川グランドホテルの取り組み
 リンク

●ドギーバッグ普及委員会
 リンク

●たちかわ楽市2015
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。