logo

横浜商科大学の学生のアイデア商品が特許を取得 -- 商学部商学科1年の野島みふゆさんが発明者登録

横浜商科大学 2015年10月31日 08時05分
From Digital PR Platform


横浜商科大学商学部1年の野島みふゆさんが考案した「ボウルざるセット」がこのたび、特許を取得(特願第5795695号)し、発明者として登録されることとなった。


【野島みふゆさん 談】
 本人、父親ともに自ら料理を作ることを趣味としており、ともに台所に立つ機会があった。
 しかし、麺類の水切りや野菜を洗う時に、水を張ったボウルにざるを浮かべ、洗い水が容量を超えると、ざるに入れた一緒に具材も流れ落ちてしまうことが何度となくあり、父親もこれの処理に苦慮していた。
 そこで、父親とともにざるの大きさとボウルの大きさや直径との関係、流水の排水経路、そして使用後の収納性までを考え、試行錯誤の末、微妙にそれぞれの淵部分に凹凸の形状をつけたざるとボウルが完成。洗った具材が流水と一緒に流れ落ちることなく水洗いができ、さらに具材の無駄も最小限にとどめることができるようになった。
 
●野島みふゆ(商学部 商学科1年・栃木県出身)
 今夏、同大の特別講義として開講された、経営情報特論A「インターネットを利用した商品企画販売」(担当 吉田隆弘講師)で開設したWEB販売サイト “YOT”の商品企画・販売メンバーとして活躍中。同サイトでは、学生自ら商品企画から運営まで携わっている。

●関連サイト
 リンク
 リンク

●横浜商科大学Facebookページ
 リンク

■横浜商科大学について
所在地: 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
理事長: 大村 達彌
学長: 小林 雅人
設立: 1966年
URL: リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 横浜商科大学入試・広報センター
 〒230-8577 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
 TEL: 045-583-9043(直)
 (平日9:00~17:00)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。