logo

伝説の映画が続々登場! 電子書籍で映画を読もう! 第1回電子書籍版角川映画祭開催!!

2015年10月30日(金)から12月4日(木)までの5週間。新作の映画作品から名作映画まで。毎週様々なテーマで映画作品の電子書籍をご紹介し、電子書店ではフェアを実施する、第1回電子書籍版角川映画祭を開催いたします!!




[画像1: リンク ]

昭和51年10月16日。その日は朝から冷たい雨が降っていたにも関わらず、東京・日比谷映画劇場(現 TOHOシネマズシャンテ)の前には早朝から人が溢れていました。その人の波とは映画『犬神家の一族』の劇場公開を待つ列でした。

「読んでから見るか、見てから読むか」のキャッチコピーとともに、公開された角川の映画作品は爆発的なヒットを記録。昭和52年『人間の証明』昭和54年『戦国自衛隊』昭和55年『野獣死すべし』昭和56年『セーラー服と機関銃』……。これらは映像と活字が一体となった「メディアミックス」の先鞭となり、社会に深く大きなインパクトを与えました。

角川ではこれまで数多くの作品を映画化。また映画作品の書籍・文庫化を行ってきました。そして、それらの作品群は時代の先端を走り、かつその時代を切り取ってきました。

2015年。時は流れ、紙の書籍や文庫に加えて“電子書籍の登場と普及”により、ユーザーはより手軽に、映画関連作品を読むことが出来るようになりました。2015年10月30日(金)から12月4日(木)までの5週間。新作の映画作品から名作映画まで。毎週様々なテーマで電子書籍として刊行している、数多くの映画作品の魅力をお伝えしていきます。

電子書籍で映画を読もう! 今ここに【第1回電子書籍版角川映画祭】の開会を宣言いたします。

----------------------------------------
【 第1回電子版角川映画祭開催期間 】
2015年10月30日(金)~12月4日(木) 5週間

◆第1週 オープニング【新作映画祭】2015年10月30日(金)~11月5日(木)
常に時代の最先端を切り開いていく映画作品群。それらの作品群の中から最新の映画作品、話題作をピックアップ。「今から読んで見に行くか。それとも見てから読むか」。既に公開されている作品だけでなく、劇場公開予定の最新作品までをお届けいたします。

─ 第1週 LINE UP ─
『図書館戦争』『グラスホッパー』『レインツリーの国』『神々の山嶺』など。

◆第2週 【伝説の角川名作映画祭】2015年11月6日(金)~11月12日(木)
時代は映画がとともにあった。30代後半以降の世代なら、誰でも知っている伝説の作品群。映画公開とともに多くの「ヒロインたち」に男性達は虜になりました。第2週は伝説となった角川の名作映画をお届けいたします。

─ 第2週 LINE UP ─
『犬神家の一族』『野性の証明』『早春物語』『探偵物語』など。

★第3週以降のテーマ・およびラインナップは近日発表予定です。
★第1回電子版角川映画祭ではプレゼントキャンペーンを実施予定。キャンペーンの詳細は続報をお待ちください。

★第1回電子書籍版角川映画は以下の電子書店で展開されます。
【第1回電子書籍版角川映画祭 参加電子書店】
・紀伊國屋書店ウェブストア
 リンク
・ブックパス
 リンク
・BookLive!
 リンク
・BOOK☆WALKER
 リンク
・eBookJapan
 リンク
・Google Play BOOKS
 リンク
・honto
 リンク
・Reader Store
 リンク
・楽天kobo電子書籍ストア
 リンク
・Kindleストア
 リンク

※一部電子書店には取扱いのない商品がございます。予めご了承ください。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。