logo

AmazonがKindle ダイレクト・パブリッシング アワード受賞者を発表

Kindle ダイレクト・パブリッシング「AUTHOR OF THE YEAR 2015」は苫米地英人氏に

Amazon.co.jpは本日10月30日、Kindle ダイレクト・パブリッシング(以下KDP)の「AUTHOR OF THE YEAR 2015」を発表し、2015年にKDPで好評を博した苫米地英人(とまべちひでと)氏を受賞者として選出しました。

KDPアワードは、著書の販売とカスタマーレビューにおいて最も成功をおさめたKDP著者に対して授与する賞となっています。

苫米地英人氏は、カーネギーメロン大学大学院で全米で4人目、日本人で初めて計算言語学の博士号を取得後、同CyLab兼任フェローに就任。帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長などを歴任。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院NMRセンター合同プロジェクト日本側代表研究者として、日本初の脳機能研究プロジェクトを立ち上げました。現在、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEOとして御活躍されている傍ら、207タイトルの書籍を刊行し、うち47タイトルがKDPから出版されています。中でも、『立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術』と『空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば』は2015年にKindleベストセラーになり、高い評価のカスタマー レビューが数多く寄せられています。今回の受賞に際して苫米地氏からのコメントを以下に紹介します。

「これからは出版社の役割も大きく変わり、KDPのように個人が出版社を通さず直接出版することが当たり前となってくるでしょう。特に、緊急性がある事柄ではKDPは圧倒的に有利です。私自身も、日本へのサイバー攻撃が俄かに急増した年初に、いち早く警鐘を促したく『日本サイバー軍創設提案』をKDPで緊急出版しました。AmazonのKDPは間違いなく来る未来を一気に先取りしたサービスです。未来を創る仕事に従事している私が、今年のKDPアワードを受賞出来たことは、大変光栄に思います。」

KDP アワードおよび苫米地氏のタイトル(11月12日まで50% OFFのセールキャンペーンを実施中)の詳細については、KDPアワードのページ(リンク)をご覧ください。

苫米地氏のKDPタイトルは、多くのKindle本と同じように、Kindle、FireタブレットやiPhone、iPad、iPod touch、Android用のKindle無料アプリ、Kindle for PC/Mac、Kindle Cloud Readerで読むことができます。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) とは
KDP は、Kindle 端末や無料の Kindle アプリで読める本を制作して Kindle ストアに素早く出版することができる簡単かつ無料で利用できるサービスです。コンテンツと著作権も思いのまま管理することができます。日本、アメリカ、イギリスなど、Kindle ストアで販売した本の売上に対し、最大 70% のロイヤリティを獲得することができます。KDP の詳細については、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。