logo

テラデータ、Teradata Unified Data Architectureを横断する分析の性能と使い勝手を大幅に改善

日本テラデータ株式会社 2015年10月30日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月30日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、Teradata Unified Data Architectureを横断する
分析の性能と使い勝手を大幅に改善
ー Prestoを通じたHadoopとTeradataの横断型クエリーを実現、
Teradata UDA Applianceを発表 ー

[2015年10月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 Teradata 2015 PARTNERS User Group Conference、米国カリフォルニア州アナハイム発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、Teradata Unified Data Architecture(UDA)の使い勝手と管理環境を向上させ、迅速な意思決定を促進するソフトウェアとハードウェア、両面でのイノベーションを発表しました。ソフトウェアとしては、Teradata QueryGridがTeradata DatabaseとPrestoの連携を実現させ、Apache HadoopまたはTeradataデータベースからプラットフォーム横断型のSQLクエリーを実行できます。ハードウェアは、Teradataデータベース、Teradata Aster Analytics、Hadoopを単一のTeradata UDA Appliance内に統合し、業界で初めてデータ探索と分析の合理化を実現します。

●Teradata QueryGridでPrestoのサポートを開始
Teradata QueryGridは、企業を横断して分析を最適化する唯一のソフトウェアです。このソフトウェアは、マルチシステム環境下における分析に対してユニークなアプローチを採用しており、ユーザーは透過的で扱いやすいセルフサービス型の機能をご利用いただけます。新しいTeradata QueryGridは、Teradata DatabaseとPrestoを連携させるソフトウェアであり、ユーザーがビッグデータをより対話的に扱いやすくし、ANSI SQLを使用したクエリーをHadoop内やTeradata内のデータに対して実行することができます。Prestoは、ギガバイト単位からペタバイト単位に至るあらゆる規模のデータ・ソースに対して対話型分析クエリーを実行するためのSQLクエリー・エンジンであり、オープンソース・ディストリビューションとして提供されています。

新しいTeradata QueryGridでは、ユーザーは、プラットフォーム横断型のクエリーをHadoopから開始し、Teradataデータベースに処理をプッシュダウンしてクエリーを完了させることに加え、Teradataからクエリーを開始してHadoopに処理をプッシュダウンすることもできます。Prestoソフトウェアが加わることで、Unified Data Architectureの対応能力と価値がさらに拡大し、応答時間が大幅に短縮され、既存のSQLツールおよびスキルを分析エコシステム全体にわたって活用できます。
テラデータは、2015年6月にオープンソースに対する取組みと、Prestoの拡大を目標にしたロードマップを発表しました。また2015年9月には、エンタープライズ用途のPresto ODBC/JDBCドライバーの提供と商用サポートを当初の予定よりも早めたことを発表しています。

●Teradata UDA Appliance
お客様のワークロード要件に合わせてTeradataデータベース、Teradata Aster Analytics、Hadoopを柔軟に組み合わせることができる、最初のエンタープライズ用途のアプライアンスです。すべてのソフトウェアが1つのキャビネット内にインストールされることから、データ・センターの設置面積を抑えた分析エコシステムを提供します。

Teradata UDA Applianceは、あらゆる目的に応じ構成可能な分析エコシステムであり、Teradata Unified Data Architectureとして導入することができます。このアプライアンスは、顧客企業の要件に容易に適合し、大規模で動きの速い処理を要求されることの多い、構造化・準構造化・非構造化データに基づくデータ主導型の意思決定を促進します。データの取得およびデータパターン発見用のオープンなモデルをサポートしており、企業のあらゆる部門からのデータを統合すると同時に、多様なワークロード要件に対しても適切なデータ・セットにもとづくソリューションで対応します。

 Teradata DatabaseとPrestoを連携させるTeradata QueryGridソフトウェアと、Teradata UDA Applianceは、2016 年の第1四半期より全世界で提供される予定です。

関連リンク(英語):
●Teradata UDA Applianceデータ・シート
リンク

●Teradata DatabaseとPrestoを連携させるTeradata QueryGridデータ・シート
リンク

●Teradata Unified Data Architectureデータ・シート
リンク

●2015年6月、オープンソースに対する取組みと、Prestoの拡大を目標にしたロードマップを発表 ― テラデータ、Prestoに対する業界初のエンタープライズ・サポートを開始
リンク

●2015年9月、エンタープライズ用途のPresto ODBC/JDBCドライバーの提供と商用サポートを当初の予定よりも早めたことを発表 ― テラデータ、オープンソースPrestoのロードマップを加速
リンク

以上

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
リンク

●本プレスリリースの原文: Teradata News Room
リンク

# # #

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
リンク

* Unified Data Architecture、QueryGrid、Teradata、Aster、Teradataロゴは、米国テラデー
  タ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
* Apache、Hadoopは、Apache Software Foundationの商標または登録商標です。
* その他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。