logo

パフォーマンスとスケーラビリティを更に拡大したTeradata分析プラットフォーム

日本テラデータ株式会社 2015年10月30日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月30日

日本テラデータ株式会社

パフォーマンスとスケーラビリティを更に拡大した
Teradata分析プラットフォーム
ー パフォーマンスと分析パワーを強化し、費用対効果の高い
データ・ストレージを提供する、即稼働可能な統合プラットフォーム
「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800」、
「Teradata Integrated Big Data Platform 1800」 ー

[2015年10月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 Teradata 2015 PARTNERS User Group Conference、米国カリフォルニア州アナハイム発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、強化した2種類の分析プラットフォーム、「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800」および「Teradata Integrated Big Data Platform 1800」の出荷開始について発表しました。Teradata Unified Data Architecture内で連動するこれらのプラットフォームは、きわめて大容量で費用対効果の高いデータ・ストレージ、および最も難易度が高いエンタープライズ用途の分析を提供します。

 多くの企業が知らず知らずのうちに統合されていない様々なアプライアンスやポイント・ソリューションを導入し、データやデータ分析環境を複雑で分断されたものにしています。即時に稼働できる統合システムがなければ、データロードや様々な分析の実行に手間暇がかかり、価値を引き出すまでに多くの時間がかかります。テラデータは、テクノロジーを組み合わせ、データを統合し、パワフルな分析プラットフォームを提供することで、顧客価値を最大限に高めます。

●Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800
最高のパフォーマンス、安定性の高いクエリー応答時間、そして数千人の同時ユーザーと数百種のアプリケーションおよび大量のデータを処理する能力が必要とされる、最も難易度の高い分析ワークロードを実行します。これは、Teradata Unified Data Architectureの中核となるデータウェアハウスです。

Teradata Active Enterprise Data Warehouseの全般的な計算能力は、最新のインテルXeonプロセッサーE5-2600v3ファミリーを搭載し、前機種と比較して25パーセント上昇しました。また、最新のDDR4 SDRAMカードの採用により、キャビネットあたりの最大メモリ容量が1.5テラバイトとなり、インメモリ処理性能が最大15パーセント加速します。さらに、使用頻度の高いデータに1秒未満でアクセスすることが求められる戦術的クエリーをサポートするため、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の容量を4倍に増加し、キャビネットあたりに格納できる高使用頻度データの領域を最大128テラバイトにしました。

●Integrated Big Data Platform 1800
Teradata Integrated Big Data Platform 1800は、圧縮データ1テラバイトあたり約1,000ドルという、費用対効果の高い価格で提供されます。これにより、ユーザーは、広範囲にわたるビッグデータに対して複雑な分析を大規模に実施できます。また、Teradata Integrated Big Data Platform上でTeradataデータベースを実行する際には、Webアプリケーション、センサー、モノのインターネット(IoT: Internet of Things)の接続機器から生成されるXML、Key-Valueペア、JSON(Java Script Object Notation)等を含む、一般に知られている様々な形式のデータへアクセスすることができます。

プラットフォームの技術的な性能が向上したことで、最新のインテルXeonプロセッサーE5-2600v3ファミリーや高性能のDDR4 SDRAMメモリを活用して、クエリーをより迅速に実行できます。また、きわめて容量の大きい詳細なデータを費用対効果の高い方法で収集および分析するため、Teradata Integrated Big Data Platformには大容量4テラバイトのストレージ・ドライブが搭載されています。格納可能な非圧縮データの容量は、1キャビネットで最大333テラバイト(前機種と比較して45パーセント増)、1システムでは300ペタバイト超です。

●統合ソフトウェア
先日発表されたTeradata Listener(テラデータ・リスナー)ソフトウェアをはじめとするTeradataソフトウェアは、「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800」と「Teradata Integrated Big Data Platform 1800」を密接に統合します。大容量のIoTやJSONデータをTeradata ListenerでTeradata Integrated Big Data Platform内に取り込むことで、データ・サイエンティスト、ビジネス・アナリスト、また多くの開発者は、新たなデータ・ストリームを迅速かつ容易に分析できるようになります。加えて、Teradata Active Enterprise Data Warehouse内のTeradata QueryGridソフトウェアは、データに対してクエリーを動的に実行することを可能にし、ビジネス上の質問に対する回答がより迅速に得られるようになります。

 Teradata QueryGridソフトウェアにより、「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800」と「Teradata Integrated Big Data Platform 1800」だけでなく、他のTeradataプラットフォームやHadoopディストリビューション、分析エンジン間も接続され、双方向のデータ移動とプッシュダウン処理が実現し、プラットフォームや分析エンジンが統合されます。特殊なツールやIT部門のサポートなしに、分析エコシステムを横断して透過的に、セルフサービスでデータや分析処理にアクセスできることが、ユーザーにとってのメリットです。

 Teradata Listenerは、Teradata Active Enterprise Data WarehouseおよびTeradata Integrated Big Data Platform内に大容量のデータを取り込んだり送ったりすることで、複数のユーザーがリアルタイムで分析できるようになります。Teradata Listenerは、インテリジェントで、自動化されたセルフサービスのソフトウェア・プラットフォームです。クリックストリーム、ソーシャル・メディア・フィード、モバイル・イベントなどの数百種ものソースや、ITサーバー・ログ、センサー、テレマティクスなどのIoTから生成された、動きの速い、極めて大容量のデータ・セットを継続的に収集、格納しリアルタイム分析のベースとなります。
 「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800」と「Teradata Integrated Big Data Platform 1800」は、全世界で提供が開始されています。Teradata Listenerは、2015年の第4四半期に全世界で提供される予定です。

関連リンク(英語):
●Teradata UDA Applianceデータ・シート
リンク

●Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6800データ・シート
リンク

●Teradata Integrated Big Data Platform 1800データ・シート
リンク

以上

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
リンク

●本プレスリリースの原文: Teradata News Room
リンク

# # #

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
リンク

* Unified Data Architecture、QueryGrid、Listener、Teradata、Aster、Teradataロゴは、米国テラ
  データ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
* Intel、Xeonは、Intel Corporationの登録商標です。
* その他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事