logo

自治体と協力して支援 学生のU・Iターン就職

大学プレスセンター 2015年10月30日 08時05分
From Digital PR Platform


U・Iターン就職の支援に力を入れる大学が増えている。自治体と協定を結び、地元の企業やインターンシップの情報を提供するなど、多様な就職先を開拓するとともに、政府が推進する地方創生の一翼も担っている。
【千葉商科大学、大東文化大学、神奈川大学、関東学院大学、金沢工業大学、龍谷大学】


 千葉商科大学(千葉県市川市)キャリア支援センターは、長野県と学生Uターン促進に関する協定を締結した。同県の産業を担う人材の育成・確保と地域の活性化を図るため、相互に連携・協力。学生に同県内の企業情報等を提供するなど、同県出身学生のUターン就職の促進を図ることを目的としている。
リンク

 大東文化大学(東京都板橋区)には、東京圏だけではなく、全国から受験生が集まっている。こうした学生が卒業後、地元や地方で活躍できるように、U・Iターンの支援事業に積極的に取り組む中、今年7月30日には、栃木県との間で学生の「UIターン就職促進に関する協定」を締結。このほか、新潟県や長野県、愛媛県とも同様の協定を締結するなど、全学を挙げてバックアップしている。
リンク

 神奈川大学(横浜市神奈川区)は、石川県および栃木県と「学生U・Iターン就職促進に関する協定」を締結。県が行う就職説明会等の開催スケジュールや県内企業のインターンシップ等の情報提供を行うとともに、学内での就職セミナーや企業説明会、県内で開催される保護者セミナーでのU ターン就職支援制度紹介など、各県と連携した取り組みを行っていく。
リンク

 また新潟県、愛媛県とも「学生U・Iターン就職促進に関する協定」を締結している。
リンク
リンク

 関東学院大学(横浜市金沢区)は、栃木県と「UIターン就職促進に関する協定書」を締結した。相互に学生の就職活動を支援し、同県内の企業の人材確保や地域経済の活性化を図ることなどが目的。同県出身者の学生を中心に、UIターン就職の支援を実施していく。ほかに、群馬県、新潟県などとも同様の協定を締結している。
リンク

 金沢工業大学(石川県野々市市)は長野県と学生Uターン促進に関する協定を締結した。相互に連携・協力し、学生に対して長野県内の企業情報等を提供するなど就職活動を支援。同県出身学生のUターン就職の一層の促進を図る。
リンク

 龍谷大学(京都市伏見区)は、山口県と就職支援に関する協定を締結。同県へのU・J・Iターン就職を希望する学生に対して、地元における有効な情報を低年次から提供することができ、自治体と組織的に連携した就職支援が展開できるようになる。
リンク
 また、鹿児島県とも就職支援に関する協定を締結している。
リンク

 香川県とも就職支援に関する協定を締結。昨年は、同県出身学生や同県での就職を希望する学生を対象に「うどん県就活交流会」を開催した。これは、普段あまり交流のない同県出身者同士や、同県に興味がある学生の情報交換の場として、うどん打ち体験をしながら交流をもってもらおうと同県が企画したもの。このイベントを通じて、香川県(うどん県)に関心を持ってもらい、今後U・Iターン就職につながるきっかけの場になればと考え実施した。
リンク

 龍谷大学では、近畿地区以外の地域から入学した新入生を対象に、父母組織の親和会と卒業生組織の校友会と連携して「ふるさとタイム」を開催している。これは、学部の枠を越えて同郷の出身学生とのつながりを広げることを目的とするもの。在学生や教職員等も参加し、入学後の大学生活を順調に進められるよう、学生同士、あるいは学生と教職員との交流を広げる場となっている。また、鳥取県や広島県をはじめ、就職支援に関する協定を締結している自治体担当者も参加し、Uターン就職などに関する情報提供を行う。
リンク


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。