logo

株式会社ロックオン、ユーザーからの100を超えるフィードバックに対応したEC-CUBE最新版「EC-CUBE 3.0.5」をリリース。ギフト配送に必須な「複数配送機能」も実装。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、2015年10月29日、日本No.1 EC構築オープンソース(※)「EC-CUBE」の最新版「EC-CUBE 3.0.5」をリリースしたことを発表いたします。
「EC-CUBE 3.0.5」は2015年7月にリリースした「EC-CUBE 3.0」の最新版です。本バージョンではユーザーから寄せられた機能改善要望や不具合報告など100を超えるフィードバックに対応し、より安定した動作を実現しています。また、本バージョンでは年末年始のギフト商戦にむけて要望の多かった「複数配送機能」(ショップの顧客が1度の購入で複数のお届け先に配送できる機能)も搭載いたしました。本機能は既存ユーザーもバージョンアップすることにより、簡単に追加することが可能となっており、EC-CUBE利用店舗での売上アップ貢献に繋がることが期待できます。

「EC-CUBE 3.0.5」のダウンロードはこちら:リンク







[画像1: リンク ]

■EC-CUBE 3.0の開発状況
「EC-CUBE 3.0.5」では2015年7月の「EC-CUBE 3.0」リリース後に利用者より寄せられた機能改善要望や不具合報告等のフィードバックに対応するプロジェクト「EC-CUBE Kaizen Project」を発足し、全国各地のエンジニア総勢18名の開発者に参加いただきました。
本最新バージョンリリース後も、引き続き、EC-CUBE開発コミュニティの多くのエンジニアに協力をいただき、「ポイント機能」「管理者権限機能」等複数の機能を年内リリースする予定です。
また、「EC-CUBE 3.0」機能充実度の指標であるプラグイン数は、無料プラグインを対象にしたコンテスト「EC-CUBEプラグインアワード3.0」(2015年12月18日締切り。最優秀賞は賞金30万円と副賞の授与)の開催や、9月に開催した「EC-CUBE DAY 2015」を始めとした、全国各地での勉強会・イベントも随時開催するなどで順調に増加しており、年内には50件を超える見込みとなっています。

参考画像
[画像2: リンク ]

2015年9月に開催された「EC-CUBE DAY 2015」では全国の開発者、パートナーが800人以上集まり、EC-CUBE 3.0の高い期待値を感じられるイベントになりました。

■EC-CUBE 3.0.5について
「EC-CUBE 3.0.5」では、最新版リリース後によせられた100件を超える機能要望・不具合報告に対応いたしました。対応内容についてはこちら(リンク)をご覧ください。

■「EC-CUBEプラグインアワード3.0」募集要項

[表: リンク ]



■「EC-CUBE」について
ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定22,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3.0」をリリースしております。

■関連サイトURL
「EC-CUBE」オフィシャルサイト:リンク
「EC-CUBE」開発コミュニティ:リンク
「EC-CUBE」多言語版オフィシャルサイト:リンク
「EC-CUBE B2B」特設サイト:リンク
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティングオートメーションプラットフォームの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

※独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事