logo

自然なあたたかさが続く高機能素材「光電子ニットキャップモニターキャンペーン」が始まります

株式会社ゴールドウイン 2015年10月29日 10時00分
From PR TIMES

20のモノ語りの小冊子「HEAT OF GOLD」 20 KODENSHI STORIES も完成

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、2015年10月下旬より「光電子ニットキャップモニターキャンペーン」を開始します。



秋冬の季節や寒い環境下で着用するウエアにおいて最も重視されるのが「あたたかさ」です。光電子を使用したウエアの最大の特徴は、着る人自身の体温によって生み出される自然なあたたかさにあります。
2015年秋冬も、遠赤外線保温素材、「光電子(こうでんし)」を採用したコレクションの販売を順次、開始しています。

この光電子のあたたかさを一人でも多くの方に感じていただくために「光電子ニットキャップモニターキャンペーン」を行います。
「加温」ではなく「保温」ならではの自然で快適なあたたかさを体感してください。

【キャンペーン概要】
[画像1: リンク ]

■名称:光電子ニットキャップモニターキャンペーン
■応募締切:2015年12月13日(日)
■内容・応募方法:光電子WEBサイト内の応募フォームからご応募いただき、抽選で1,000名様に「光電子ニットキャップ」をプレゼント。ニットキャップのカラーは2色(グレー、ネイビー*写真)です。
着用後に簡単なアンケートのご協力いただきます。
※キャンペーン応募ページ リンク
当選者の発表は、賞品の発送を持って代えさせていただきます。


【「HEAT OF GOLD」 20 KODENSHI STORIES】
また、この冬は、光電子に関する20のモノ語りの小冊子「HEAT OF GOLD(ヒート・オブ・ゴールド)」 20 KODENSHI STORIES を作成し、10月下旬より、全国の光電子商品の取扱いショップの店頭で、無料で配布します。
また、「光電子(KODENSHI)」 特設WEBサイトにおいてダウンロードおよび閲覧をすることもできます。  
リンク
[画像2: リンク ]

当社では、トップアスリートやスポーツを愛するすべての人々の毎日を豊かにするために、スポーツウエアにおける様々なカテゴリーにおいて高機能かつ高品質なウエアを追求し続けてきました。
そして、秋冬の季節や寒い環境下で着用するウエアにおいて最も重視されるのが「あたたかさ」です。
着る人自身の体温を活かして自然なぬくもりを生み出す高機能素材「光電子」を取り入れることで、進化した商品の20のモノ語りを紹介する小冊子です。

■代表商品のご紹介
[画像3: リンク ]

ザ・ノース・フェイス ライトヒート ジャケット
品番: ND18174
価格:23,000円+税
サイズ:S、M、L、XL、XXL(メンズサイズ)
カラー:(BN)ブルーリボン、(GY)グラフィットグレー2、(KW)ブラック2、 (PR)ピノットレッド、(EG)エリスグリーン
重量:195g
特長:山岳エリアでの実用性にこだわった超軽量インナーダウンです。まるで空気を羽織るような着用感で、撥水加工を施した光電子プロダウンを採用することで、不測の濡れにも対応します。スタッフサックへ収納すればバックパックのわずかな隙間にも収納が可能。アルパインクライミングだけでなく、一般登山、バックカントリースキーなど広い用途に適しています。

■参考資料
「光電子」とは、着る人の肌から放射する遠赤外線(体温)を、繊維に練り込んだ超微粒子セラミックスが吸収し、身体に戻す高機能保温素材です。
人の体温域(34~37度)で「保温」し、快適なぬくもりを生み出します。「加温」ではないため、自然で快適なあたたかさです)
[画像4: リンク ]

2001年よりザ・ノース・フェイスの山岳用アンダーウエアで展開をはじめ、ダウンやフリースなどにもアイテムを拡大し2006年よりザ・ノース・フェイス以外のブランドにおいても横断展開を始めました。
当社ではこの「光電子」素材を重点素材と位置づけし、当社の取り扱いブランドで、横断的に採用しています。
ダウンウエア、中わたジャケット、ウインドブレーカー、アンダーウエア、シューズなど、スポーツシーンから日常生活まで、さまざまなシーンでご着用いただけます。

*あたたかさの感じ方には個人差があります。
*光電子は株式会社ファーベストの登録商標です。
*「光電子(KODENSHI)」 特設WEBサイト  リンク
*「光電子(KODENSHI)」 Facebook  リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。