logo

中国人に人気の「買い物リスト」DiGJAPAN!アプリよりランキング形式で配信スタート、販売店舗も案内し「爆買い」の買い逃しを防ぐ

株式会社昭文社は、中国の調査会社、普千(上海)商務諮訊有限公司(中華人民共和国上海市、総経理 宮田将士)ご協力のもと、訪日外国人観光客向けアプリ「DiGJAPAN!」より、中国からの訪日旅行客向け「人気お土産ランキング[手信人气榜]」(販売店情報付き)の掲載を、中国語簡体字にて2015年10月29日よりスタートいたします。欲しい商品がどこに売っているのか分からず購入を逃す、というミスマッチングを解消することで日本旅行をより楽しんでいただくための新しいサービスで、毎月最新のランキングを配信いたします。



[画像1: リンク ]


 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、中国の調査会社、普千(上海)商務諮訊有限公司(中華人民共和国上海市、総経理 宮田将士)ご協力のもと、訪日外国人観光客向けアプリ「DiGJAPAN!」より、中国からの訪日旅行客向け、「人気お土産ランキング[手信人气榜]」(販売店情報付き)の掲載を、中国語簡体字にて2015年10月29日よりスタートし毎月最新のランキングを配信いたします。欲しい商品がどこに売っているのか分からず購入を逃す、というミスマッチングを解消することで日本旅行をより楽しんでいただくための新しいサービスになります。

■「爆買い」の裏にある買い逃し
 2015年1~9月の訪日外国人観光客数は、1,448万人(前年比48.8%増)に達し、年計として過去最高だった 2014 年(1,341 万人)の記録を更新し、訪日旅行客は今後もますますの増加が見込まれます。[出典:日本政府観光局(JNTO)]
 中国からの訪日旅行客は、そのうち約25%以上を占め、品質の高い日本の商品をお土産として大量に求める「爆買い」という消費行動でもよく知られています。「爆買い」の際、中国人訪日旅行客は「買い物リスト」を事前に作成する傾向がありますが、それがどこで販売されているかまではカバーしておらず、欲しいものがどこで買えるのか分からず買い逃しが生じていることが課題になっています。

■DiGJAPAN!アプリで、欲しいものが買える場所が分かる
 当社は2014年より本格的にインバウンド事業に参入し、訪日外国人観光客向けにアプリやFacebookを通じて日本旅行に役立つ情報を発信してまいりました。
 この度、買い逃しを防ぐため、無料日本旅行アプリ「DiGJAPAN!」から中国語簡体字版にて「人気お土産ランキング」を毎月配信いたします。当ランキングは中国人に人気のお土産、約20品目をランキング形式でご紹介しています。欲しい商品をタップしていただくと、その商品を購入できる店舗を見ることができます※1。地図上に店舗がマッピングされますので気軽に最寄店に立ち寄ることが可能です。ランキングは、中国国内のSNSを元にした独自のものになり、最新のトレンドを反映するため毎月更新を行います。当機能は、App StoreやGoogle Playではリリース済ですが、中国の各種Androidストアでも順次公開予定です。

※1 該当の商品を購入できる可能性が高い店舗を示すものであり、必ず購入できるということを保証するわけではありません。

■「人気お土産ランキング」10月分の詳細
 この10月に配信する「人気お土産ランキング」には、中国人のお土産の定番と言える目薬「サンテFX」(参天製薬)、化粧品「贅沢ジュレのシートマスク」(ウテナ)などが上位にランクインしています。また、「龍角散ののどすっきり飴」(龍角散)や「口内炎パッチ」(大正製薬)などの医薬品も人気です。
 18位にランクインしている「moony」(ユニ・チャーム)の紙おむつは、かさばるものなので旅行のおみやげとしては意外性がありますが、乳幼児の肌に直接さわるもののため、安全意識が高まっている中国人には大変人気があり、大量購入につながっています。

 次回の「人気お土産ランキング」の配信は12月1日を予定しております。
[画像2: リンク ]

■DiGJAPAN!とは?
 「DiGJAPAN!」は、当社のインバウンド事業における訪日外国人観光客向けサービスブランドです。現在、台湾・タイ・シンガポール・英語圏・韓国・インドネシア向けのFacebookページで、デイリーに日本の観光情報や流行について発信しています。「いいね!」しているファンは全世界で78万人以上。また、2014年11月にリリースした日本旅行アプリ「DiGJAPAN!」は25万ダウンロードを突破しております。


■「DiGJAPAN!」紹介WEBページ
日本語: リンク
英語: リンク
繁体字: リンク
簡体字: リンク
タイ語: リンク
韓国語: リンク
[画像3: リンク ]

■「DiGJAPAN!」Facebookページのご紹介
台湾: リンク
タイ: リンク
シンガポール: リンク
英語圏: リンク
韓国: リンク
インドネシア: リンク
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事